1. 診断には居住者様、所有者様などの承諾が必要です。立ち入りの可否、調査内容や所要時間について、事前に売主様、仲介事業者様などを通じてご確認をお願い申し上げます。
    ※事前にご承諾いただけない場合、当日お伺いしても診断が実施できないことがございます。
  2. 診断当日は原則としてご依頼者様に立会いをお願いしています。現場におけるご説明・ご報告がご依頼者様にとって非常に有用であると考えるためです。
  3. 不動産の購入・所有にはリスクが伴います。ホームインスペクションはそれらを減少させる情報を提供しますが、瑕疵がないことを保証したり全てのリスクをなくすものではありません。季節や時間によりコンディションは変化するほか、確認できない不具合等が隠れている可能性があります。
  4. 診断はあくまでも到達可能な地点から、目視で確認できる範囲内(家具等移動しない状態)で劣化の度合いや機能を診るものであり、 物件の保証をしたり、各種法律等との適合性を診るものではありません。なお、傷や汚れについてはチェック項目に含まれておりません。
    ※基本コース:屋根裏、床下の診断は開口部から目視できる範囲での診断です
    ※オプション:屋根裏・床下詳細調査においても、体が進入できる範囲での目視診断です
    閉所・狭小での調査は、安全性が確認でき、高さが有効で30cm程度、人通口・点検口の大きさが30cm×60cm程度の場合に実施が可能です。
    また、排水管や基礎の形状などによる障害、現地の状況により、調査時に調査範囲・実施の有無が変わることがありますのであらかじめご了承くださいませ。
  5. シロアリについては、非破壊による目視調査で、生息や被害が確認できた場合にはお知らせしていますが、隠ぺいされている範囲、また駆除の経歴については調査の対象外です。 詳しく調査が必要な場合には専門業者への依頼をお願いします。
  6. オプションの取り付け状況やエアコンの取り付け可否は、ご依頼者様にご確認をお願いしております。
    エアコンについては電気店に確認のご相談をされることをお勧めします。
  7. レポート(報告書)は診断時点における建物のコンディション(状態)を記載したもので、継続的に内容の有効性を保証するものではありません。
  8. 弊社では欠陥や劣化について、発見の可否にかかわらず修繕や交換の責任は負いませんが、弊社に過失がある場合、ご依頼者様からお預かりした料金の範囲において賠償責任に応じます。
    ただし、ご依頼者様が診断後に新たな欠陥または劣化を発見した際、すみやかに弊社あてにその事実を通知し、修復に急を要する場合を除いて、当該欠陥または劣化を発見当時の現状のままの状態で、弊社に立ち会い・確認させる機会を与えることを条件とします。
  9. 報告書は依頼者様専用のもので複製は不可です。弊社から利害関係者等にお渡しすることはありませんが、ご依頼者様から申し出がある場合にはその限りではありません。しかしながら、そのことから弊社に不利益が生じた場合は、ご依頼者様の責に帰することとします。
  10. ご利用サービス料金のうち、調査などの予定日から起算して、5日前:ご利用料金の30%、前日:40%、当日:100%の割合でキャンセル料が発生します。