田中 歩

プロフィール

1991年 三菱UFJ信託銀行(旧三菱信託銀行)入社。

企業向け不動産コンサルティング・不動産相続コンサルティングなどを切り口に不動産売買・活用・ファイナンスなどの業務に17年間従事。

2009年 あゆみリアルティーサービスを設立。ライフシミュレーション付き住宅購入サポート、ホームインスペクション付住宅売買コンサルティング仲介、不動産相続コンサルティングなどを手掛け、ユーザー目線のサービスを提供。また、設計士・施工業者との連携による空き家再生ストラクチャーを構築(木賃デベロップメント)。

2014年11月 さくら事務所不動産コンサルティング事業に参画。

売買に関する契約書類のチェックや契約の立会い、アドバイス業務、また相続や不動産投資に関する相談業務を担当。

  •  NPO法人日本ホームインスペクターズ協会理事/公認ホームインスペクター
  • 宅地建物取引士
  • 公認不動産コンサルティングマスター
  • 国家資格1級ファイナンシャル・プランニング技能士

さくら事務所理念のもと、自分が目指すこと

不動産仲介業は、ウェブの高度な発達によって、隅々にまで情報が行き渡るようになりました。

しかし、未だに「物件情報ありき」という「消費者は二の次」的なビジネスモデルが業界を支配し、業務の本質は20年前とくらべ、あまり大きく変化はしていないのではないかと感じています。

世の中のメーカーや他のサービス産業の多くは、この20年間で相当の努力をし、その付加価値を高めてきました。しかし不動産業界は、未だ眠れる獅子であるかのうようにその体を動かそうとしていないように思えます。この事実に気付いていらっしゃるユーザーがもっと増えれば、不動産業界に今すぐ大きな変革が起こってもおかしくはないのです。

不動産は一つとして同じものは存在しません。それを所有される方の事情や背景もまた様々です。不動産購入や投資をしようという方も同様です。だからこそ、それに対応できる複合的なコンサルティングノウハウ(不動産・建築・ファイナンスなど)ときめ細かいサポートが不動産サービスには必要です。

『これまでの概念では定義できないくらいの新たな「仕事」の範疇で動き・考え、不動産と人の関係をよりよくしたい!』

私はこうした観点のもと、これまでのやり方や考え方にとらわれることなく、もっと価値あるサービスとは何かを考え続け、新しい手法や仕組みを創造して参りたいと思います。


担当している主なサービス