火災保険比較・見積り・見直し相談

「保険料のムダ払い」「保険のかけすぎ」が全体の約71.9パーセントも!

「保険料のムダ払い」「過剰保険」が全体の約72パーセント(当社実績)も占める火災保険。

「保険をかけすぎて損をしている(過剰保険)」 というケースが、なんと相談者の約71.9パーセントもあるという事実があります。 (当社実績)

あなたの住まいに本当にあった「必要十分な火災保険」は一体どれなのか?
さくら事務所のマネーコンサルタントが客観的に見積もりと比較を行い、 ご相談を承ります。

案件によってはホームインスペクション料金以上のコスト削減ができることがあります。

すでに加入済み(長期契約)の方も、途中見直し・かけ替えが可能です。一番適した保険を見極めましょう。

対象となる方

  • これから火災保険や地震保険を検討しようとしている方
  • すでに加入済みの火災保険や地震保険を見直ししたいと思っている方
  • 代理店からもらった見積もりが適切かどうか判断したい方

本サービスのメリット

  • 保険専門のコンサルタントの知識・経験を駆使したコンサルティングが受けられる
  • 保険金額や補償内容に問題がないか、専門家がチェックすることで安心して保険に加入できる
  • 必要ない補償に無駄な保険料を払わなくて済む
  • 不足している補償がないかどうか見極められる
  • あなたにとって最適なプランで火災保険に加入できる

ご利用者様の声

依頼者特典でご利用いただいた方からも「無料だから利用してみたけど想像以上のコスト削減ができた」といったご満足の声をたくさんいただいています!

火災保険比較・見積もり・見直し相談では、建物や家財の適切な保険金額を導き出し、地震保険も含め、あなたにとって最適な補償内容を提案します。

ご希望によりお見積りを差し上げることも可能です。

相談結果の具体例

保険金額が過剰だったパターン 高めに設定されていた一戸建て住宅の保険金額を適切に見直して 500,000円

410,000円
9万円削減
建物の構造を間違えていたパターン 建物の構造が燃えづらい木造住宅であることが判明し、燃えやすい非耐火構造(H構造)から保険料が大幅に下がる耐火構造(T構造)へ変更して 950,000円

450,000円
50万円削減
補償不足のパターン 家財に保険がかけられていなかったため、家財に保険を掛けることに 350,000円

420,000円
7万円増加
補償過剰のパターン マンションの高層階に必要ない「水災」補償をはずして 250,000円

200,000円
5万円削減

表を横スクロール(スワイプ)すると、表示内容の確認ができます。

火災保険比較・見積もり・見直し相談の流れ

1. 適切な保険金額や保険期間を検討します
  • 建物の適切な保険金額を検討します
  • 家財の適切な保険金額を設定します
  • 地震保険に適切な保険金額を設定します
  • 適切な保険期間を設定します

など、火災保険のもっとも重要な保険金額の設定と保険期間を検討します。

見積もりや証券をこれまで1万件以上見てきた保険専門のコンサルタントがありとあらゆる角度から分析し、見積もり内容や現在の加入状況に問題ないか確認します。

2. あなたにとって本当に必要な補償を見極めます

火災保険でカバーできる補償は「火災リスク」・「自然災害リスク」・「日常生活リスク」の3つ

火災リスク 火災、落雷、破裂・爆発
自然災害リスク 風災、雹(ひょう)災、雪災
日常生活リスク 盗難、水ぬれ、物体の飛来・落下、破損・汚損など

必要な補償は、建物が建っている地域の気候風土や、立地条件、建物の規模や構造により異なります。

ありとあらゆるリスクを補償できれば安心ですが、補償範囲を広げれば広げるほど保険料は割高に。
また、保険料を下げるためだけに補償範囲を狭めると、万一の際の補償が足りなくなります。

最終的には、補償内容と保険料のバランスを見極めながら検討します。

3. 地震保険が本当に必要かどうか検討します

地震が原因による火災や損壊損害は、地震保険でないと補償されません。

ただし、地震保険は火災保険に比べ保険料が割高になる場合が多いことから、地震保険を掛け続けると意外と大きな負担に。

地震保険は火災保険に自動付帯されますが、建物と家財の双方にセットしたり建物にのみ、あるいは家財にのみセットすることもできます。

最終的には建物の耐震性や周辺の立地環境、保険料とのバランスを見極めながら検討します。

4. 特約(オプション)が本当に必要かどうか検討します

火災保険には、同時にセットできる個人賠償や類焼損害といった特約(オプション)があります。

ただし、個人賠償は加入済みの自動車保険や傷害保険にセットされていることがあったり、マンションでは管理組合が掛けている火災保険に個人賠償がセットされていることもあるため、重複することのないように、加入済みの保険や管理組合の補償内容を確認します。

また、自宅から出火しご近所に迷惑を掛けた場合でも、失火責任法により賠償義務はなく延焼先の
火災保険から保険金が支払われるため、類焼損害から保険金が支払われないこともあります。

どんな場合に特約から保険金が支払われ、どんな場合に保険金が支払われないかを説明します。

火災保険比較・見積もり・見直し相談でのご相談例

  • 「建物の評価額はどのくらいが適正なのでしょうか?」
  • 「ムダをなくして火災保険料を下げる方法はありますか?」
  • 「地震保険は本当に必要ですか?」
  • 「火災保険料を安くするためには、どんな方法がありますか?」
  • 「家財保険は掛けたほうがいいのでしょうか?」
  • 「自分にとって必要な特約がわかりません」「個人賠償特約や類焼災害特約は必要ですか?」
  • 「火災保険は何年間くらい掛けるべきでしょうか?」
  • 「見積もりと比較のポイントを教えてください」
  • 「契約途中でも損することなく保険入り直しはできますか?」

災保険比較・見積もり・見直し相談を担当するマネーコンサルタント


  • 浅井 理恵

  • 浅井 信也

  • 黒田 哲司

  • 倉部 健二

さくら事務所が多くの方に選ばれる “他社にはない” 10のポイント!!

ホームインスペクション実績 ダントツNo.1!

さくら事務所は1999年からホームインスペクションをご提供しているパイオニア。これまでの実績数は36,000組超!に及びます。
新築・中古、マンション・一戸建て(建売住宅・注文住宅)、収益物件などオールラウンドな物件種別に対応します。

さくら事務所が提供するのは『王道のインスペクション』

他の先進国では買主がリスクヘッジのために第三者のインスペクションを活用することが常識です。さくら事務所では、利害関係のない中立な第三者として、買主の方の立場に立ったアドバイスを行います。
また、ホームインスペクションが常識となっているアメリカでインスペクション現場や研修を徹底リサーチし、実務や研修に取り入れることにも力を注いでいます。

所属ホームインスペクターは50名以上! ホームインスペクターの指名ができます

さくら事務所のホームインスペクターは、厳しい独自研修と考査に合格した者だけが現場を担当。かつ全員が建築士資格を保有し、その他専門資格を多数保有する者も。
また継続研修や本部の各専門家と連携し、属人・単独の専門知識や経験を上回るパフォーマンスを発揮します。お申し込みの際、事前に担当者をご指名いただくことも可能です(女性希望などにも対応します)。
所属するホームインスペクターやコンサルタントが50名以上いるため、予約が取りやすく、当日の緊急対応などにもお応えする体制を整えています。

※ ホームインスペクターのプロフィール、これまでのご依頼者からのアンケートも公開中!

ご不安をお聞かせください!丁寧かつ迅速なフロントデスク対応

「住宅診断について・どんな調査をするのか」聞きにくいという方も安心してご連絡ください。ご依頼者の窓口となるフロントデスクが親切丁寧にご説明します。また、サービスのお申し込みはWEBサイト上で完結できるのも、当社の大きな特徴です。
(別途、図面などの必要資料はご手配をお願いしております)

加えて当社は、品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2008」の認証を取得!高いサービス品質を確実にご提供する体制を整えています。

永年アフターフォロー!調査の後はいつでもご連絡ください!

さくら事務所ではホームインスペクションに伺った物件についてのご質問・ご相談を原則、永年無料でお約束しています(お電話またはメール)。期間を区切ったり、相談の範囲を限定したりはいたしませんので、お気軽にご相談ください。

契約内容についてのアドバイスも!不動産売買のプロがあなたをサポート

さくら事務所では「購入におけるリスク」、「どう売却するのがベスト?」、「活用の方法」、「契約の妥当性」など、購入される予定の物件について、不動産コンサルタントが中立にアドバイス。契約前でご不安をいただいている方は、お気軽にお問い合わせください。

ホームインスペクション後も、ご依頼者のパートナーとして寄り添っていきます

さくら事務所には、各分野の専門家が在籍しています。
物件の売買契約や相続不動産についてのご相談、住宅ローンの借り換えや火災保険の見直しなど、各専門家がご依頼者様をサポートする体制を完備。さらに、将来の住み替えの売却・買い替えのお手伝いもいたします。

ホームインスペクション後も、ご依頼者のパートナーとして寄り添っていきます

ご不安に応じて、特殊機材オプションを豊富にご用意!

ホームインスペクションは非破壊での目視調査が基本です。しかし、「目視だけですべて分かるのでしょうか?」という不安を抱く方もいらっしゃいます。

さくら事務所では、そうした不安を解決するために、サーモグラフィカメラやファイバースコープカメラなどもオプションとして用意。壁の中の状態も一定程度、診断ができる体制を整えています。

ご依頼者限定特典!「リフォーム(修繕)・リノベーション相談」「火災保険相談」が無料

調査で見つかった点の修繕やクロス・設備の交換といったリフォームだけでなく、リノベーションについても相談を承ります。

効果的なリフォーム・リノベーションの方法や、業者選定のやり方、見積書の見方など、建物の状態を踏まえた第三者だからこそできるアドバイスをご提供。

また、当社にご相談いただく方の約72%が、「保険料のムダ払い」「保険のかけすぎ」に該当してしまっている『火災保険』。ご依頼者の住まいにふさわしい補償内容のご提案、不必要な補償の見直しなど、お金のプロが分かりやすくアドバイスいたします。

メディアへの露出・放映履歴多数!

さくら事務所は、NHKはじめとしたテレビ・新聞・雑誌などで、これまで1,000回以上紹介され、多数の書籍を発刊しています。

また弊社会長(創業者)で不動産コンサルタントの長嶋修は、経済産業省・国土交通省等公的部門の委員等を歴任するなど、これまで国の住宅政策にも影響を与えてきた存在です。

サービス料金一覧

火災保険比較・見積り・見直し相談

60分相当・完全予約制

5,000円+税

さくら事務所サービスをご利用されたことのある方・これからご利用される方

さくら事務所のサービスご依頼者は無料!です
(無料でのご利用は1回までとさせていただきます)

  • 金融商品販売に係る勧誘方針はこちら
  • 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます
  • 「ご来社によるご相談」もしくは「スカイプ」にてアドバイスを行なうものです。
    会社所在地
  • さくら事務所の各種サービスのお支払いは、クレジットカード決済がご利用可能です。
    ご利用可能なクレジットカードはこちらをご参照ください
  • 取扱い損害保険会社は以下の5社です
    日新火災海上保険株式会社
    富士火災海上保険株式会社
    あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
    セゾン自動車火災保険株式会社
    セコム損害保険株式会社

訪問相談について

★さくら事務所の火災保険相談サービスでは訪問相談もお受けしております★

保険コンサルタントがお客様の元へ直接お伺いさせていただき、ご相談を伺います。

対象

さくら事務所サービスのご依頼者様(戸建て住宅についてのご相談のみ)

訪問可能エリア

(お客様の居住地に関係なく)訪問させていただくエリアは東京23区内に限ります。
※例えば、ご自宅や勤務先、また近くの喫茶店などにお伺いします

交通費

訪問相談のための交通費はいただきません

担当マネーコンサルタント

  • 浅井 信也

  • 黒田 哲司

  • 倉部 健二
ご予約のキャンセル・日時変更について

キャンセル・日時変更は前日までにご連絡ください
(コンサルタントのスケジュールの関係上、必ずしもご希望に添えない場合がございます)

当日のご相談時間の変更については、他のご予約の都合上変更が難しい場合、
もしくはご相談時間が短くなってしまう場合があることを予めご了承くださいませ

さくら事務所では、お子様連れでもゆったりご相談いただけるスペースをご用意しています

渋谷のオフィスには、気持ちのいい住宅に必要な要素”をテーマに「緑・空・光・風・花」と名付け、異なるコンセプトで雰囲気の違う内装の空間をご用意しています。
新相談スペースの「花(hana)」は、小さなお子様とご一緒のご家族や女性にオススメのスペースです。

リラックスした状態で相談できる環境をご用意して、皆さまをお待ちしております。
※それぞれのお部屋についてはこちらよりどうぞ

ご希望のスペースがございましたら、お申し込み時にフロントデスクへご希望をお伝えくださいませ

お申し込みの手順

火災保険比較・見積り・見直し相談

1お申し込み
ホームページからお申し込み

お申し込みは火災保険比較・見積・見直し相談お申し込みフォームからお願いいたします。
(自動返信メールが届きます)

FAXからお申し込み

FAXでのお申し込みをご希望のお客様は、フリーダイヤル(0120-390-592)までご連絡くださいませ

お電話からお申し込み・お問い合わせ

お急ぎの場合は、0120-390-592 にて、お申し込み(日程等お問い合わせ)ください。

キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

2さくら事務所より「受付完了」通知の連絡
ホームページからお申し込み

受付完了メールを送信しますので、この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

FAXからお申し込み

ご記入のメールアドレスまたお電話番号に、受付完了のご連絡を差し上げます。
この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

お電話からお申し込み・お問い合わせ

お電話いただいた時に、日程等が合いましたら、受付完了となります。

3相談
ご来社にて相談
スカイプによる相談
  • ご予約の日時に事務所までお越しください。※会社所在地
  • ご来社の際にはパンフレットや見積書、売買契約書、住宅性能評価書、確認済み検査済証書等のコピーをご持参ください
スカイプによる相談
  • ご予約の日時にスカイプにてご連絡させていただきます
  • ご相談の前にパンフレットや見積書、売買契約書、住宅性能評価書、検査済検査済証等のコピーをご送付ください。

※お客様のご自宅や近所までお伺いする訪問相談もお受けいたします。
(東京23区内、戸建て物件のご相談に限ります)

4料金のお支払い
相談終了後、現金あるいは振込みにてお支払いください

※クレジットカード決済を選択されたお客様には、報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

さくら事務所のサービスご依頼者は無料!です

(無料でのご利用は1回までとさせていただきます)

5質疑応答
ご質問等あればお気軽にお問い合わせください