夏本番!インナーサッシ(内窓)設置のすすめ

こんにちは!7月は始まったばかりですが、早くも夏本番の暑さですね。

毎日こんなに暑いとエアコンの電気代も気になりますよね。今回は、住宅の効果的な暑さ対策、インナーサッシ(内窓)の設置についてご紹介します。

暑さ対策の扇風機と窓のサッシ

暑さ対策には窓が重要!

夏の昼間に冷房をかけている時、約7割の熱は窓から入ってくると言われています。

屋根や外壁からの流入が10%前後なのに比べると割合が大きいので、窓に暑さ対策をすることが効果的です。

効果的で比較的手軽なのが「インナーサッシ(内窓)」の設置

さくら事務所のインスペクターがおすすめするのが内窓の設置です。

設置にかかる費用は工事費込みで、はきだし窓の場合約7〜9万円、腰高窓で約3〜5万円程度。1カ所あたり1~2時間程度で取り付けが可能です。

すべての窓に内窓を取り付けるのは難しいですが、例えば

    • リビングなど、過ごす時間が長い部屋
    • 南側、西側の窓
    • 暑くなりやすい2階の部屋

などに優先的に設置するとよいでしょう。

b_simple_25_1M

リフォーム・リノベーションを検討中の方におすすめ

さくら事務所のリフォーム・リノベーション見積もりチェック

b_simple_25_1M

窓の暑さ対策は冬のことも考えて

窓の暑さ対策としてほかに遮熱ガラスや遮熱フィルムもありますが、ちょっと注意が必要です。

夏の間はいいのですが、冬の間は温かさを取り込みづらくなってしまいます。

お住まいの地域の気候や生活スタイルに合った窓の暑さ対策をご検討ください。

 

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。