【住宅ローン】12月の金利比較一覧表をご活用ください!

12月金利表(2016年12月1日時点)

*長期・超長期固定金利は各銀行の最長
*フラット35は融資期間35年・融資率90%以内(借換はローン残高100%)・手数料定率型
*フラット35Sは融資期間35年・融資率90%以内(借換はローン残高100%)・(手数料定率型・金利Aプラン 当初10年/Bプラン 当初5年、当初期間終了後は+0.3%)

(黒字=先月と変わらず/青字=先月より低い赤字=先月より高い緑字=今月より掲載

銀行 変動金利 期間固定10年 期間固定20年 長期・超長期固定 フラット35 フラット35S キャンペーン
三菱東京UFJ 0.625%
~0.875%
(当初優遇)
0.900%
(全期間優遇)
2.400%
~2.650%
(35年)
1.210%
※期間限定(H29.3.31まで)
期間固定3年 0.550%
期間固定10年 0.600%
みずほ 0.600%
~0.975
(全期間優遇)
0.800%
~1.150%
(全期間優遇)
1.600%
~1.950%
(35年)
1.110%
1.100% 0.800%
三井住友 (当初優遇)
0.775%
(当初優遇)
0.800%
(35年)
1.590%
りそな 0.625% (当初優遇)
0.850%
(当初優遇)
2.300%
(35年)
1.400%
1.100%
インターネットプラン
0.800%
インターネットプラン
※WEB申込み借り換え限定
・変動  0.569%
・(当初優遇)
期間固定10年 0.550%
三井住友信託 0.600% (当初優遇)
0.450%
(当初優遇)
0.800%
(当初優遇)
0.950%(30年)
1.100% 0.800%
新生 0.450% (当初優遇)
0.900%
(当初優遇)
1.050%
(35年)
1.700%
左記、金利条件(金利引き下げキャンペーン)
H28.12.1~H29.1.31に申し込み
H29.3.31まで融資実行の場合
住信SBIネット 新規0.497% (当初優遇)
0.560%
(当初優遇)
0.910%
(当初優遇)
(35年)
1.290%
1.100% 0.800%
東京スター 1.200% 1.450% 期間固定3年 1.100%
期間固定5年 1.100%
楽天 0.507%
~1.157%
(全期間優遇)
0.932%
~1.582%
1.100% 0.800% 変動金利期間中、固定金利に変更可
固定期間適用中、変動金利に適用不可
ARUHI
(旧SBIモーゲージ)
0.604%
ARUHI
フリーダム001A
1.054%
ARUHI
フリーダム001A
1.100% 0.800% ※新規借入れの場合
自己資金80%以上
スーパーフラット35・35S
更にー0.1%
ソニー 0.549%
変動セレクト
プラン
(自己資金10%以上)
0.792%
住宅ローン
(自己資金10%以上)
(20年超)
1.281%
住宅ローン
新規購入・自己資金10%以上
*物件購入価格・建築価格に対して
*マンション以外の中古物件の取り扱いなし
イオン 0.570% (当初優遇)
0.590%
イオンでのお買い物
毎日5%OFF

※スマートフォン等でご覧いただきます場合、表を横スクロール(スワイプ)をしてご確認ください

マネーコンサルタント 浅井理恵 12月のひとこと

12月の住宅ローン金利は、以下のような傾向が見られました。

・変動金利・期間固定10年の金利  →  各銀行によって動向は異なりました
・期間固定20年以上・超長期固定金利・フラット35・フラット35S  →  若干上がりました

7月の日銀精査気宇決定会合での追加緩和が発表されましたが、上場投資信託(ETF)の買い増しにとどまりました。重ねて次の会合(9月)でこれまでの緩和効果や副作用などを検証すると発表したことによって、検証結果次第でマイナス金利政策を続けられない可能性もあると受け止められたため、長期金利が上昇を始めていました。
さらに、最近では次期アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利し、トランプショックによってアメリカの長期金利が急上昇したことから、日本の長期金利もそれにつられて上昇したことが、長期住宅ローン金利上昇の要因となっています。なお、変動金利は短期プライムレートに変動がなかったため金利の変動もありませんでした。

●マネーコンサルタント 浅井理恵のプロフィールはこちら

●さくら事務所では住宅ローン相談(新規・借り換え)もお受け致します!
住宅ローン新規・借り換え相談