瑕疵保険調査・状況調査でカバーされないシロアリ被害を防ぐ新オプション

東京都は15日、地震発生時の建物の倒壊や火災の危険性について地域別に5段階評価した「危険度測定調査」の結果を公表しました。地盤の弱い川沿いや木造密集地域の危険性が示されていましたが、同時に気になるのは建物の耐震性、中古住宅であればそのコンディションです。特に木造住宅においては、5軒に1軒が床下にシロアリ被害に遭っているといわれます。シロアリの被害は土台や柱など主要な構造部材に被害が及ぶと建物の耐震性にも影響します。最悪、建物の倒壊を招く可能性も。

ですが、瑕疵保険調査や4月から中古住宅の売買時などに説明が義務化される状況調査でもシロアリは調査項目には入っているものの保証はされません。定期的な防蟻処理がされているかどうかで、10年~20年以上も建物の耐用年数は違ってきますので、自主的にしっかりした対策をする必要があるでしょう。

そこで、さくら事務所では床下詳細調査をおこなった方へ防蟻会社の紹介サービスを開始いたしました。当社を経由して防蟻処理をお申込みの方は、当社の床下詳細調査をもって、提携防蟻会社の事前調査に替えることができます。通常、インスペクションの結果をもって、防蟻会社に処理を依頼、見積もりのために再度、調査を行いそこから駆除・防蟻処理を行いますが、当社で床下詳細調査を行うことで、再度の調査を省き、そのまま処理が行えます。かかりつけ医のカルテを専門病院に送り、再度の診断を省きすぐに治療に入るイメージです。重ねての調査費用の負担を避けられる他、スピードが重視の中古住宅売買でお引渡しまで速やかな対応ができます。

また、駆除・防蟻処理を行えば、防蟻会社が施工後5年間は保証します。

補修費用も高額なシロアリ被害、安心して長く住むためにもぜひインスペクションサービスとともにご活用ください。

床下から建物を脅かす!シロアリの脅威

  • shiroari_1-min

    土台が被害に遭い、床が抜け落ちてしまった。

  • shiroari_2-min

    基礎から木部へ蟻道(シロアリの通り道)

  • shiroari_3-min

    壁内部の筋交いまで被害に。

中古一戸建て ホームインスペクション(住宅診断)自宅一戸建て点検ホームインスペクション(住宅診断)自宅一戸建て売却ホームインスペクション(住宅診断)のいずれかのサービスをご利用頂き、床下詳細調査を行った方が対象になります。(費用 5,000円+税)

 

詳しくはこちら シロアリ駆除・予防会社(防蟻会社)の紹介サービス