住宅ローン(新規・借り換え)相談

お借り入れ中の住宅ローンを借り換えることで支払いが大幅に削減ができることも!

住宅ローンの見直しで家計の負担が軽減される!?

住宅ローンを見直すことで、どのくらいおトクになるかご存知でしょうか?
住宅ローンは高額で長期の借入ですから、数パーセントの金利差が大きな違いになります。
まずは、現在の住宅ローンを確認しておくことが大切です。
ローンの返済プランなどを元に、現在のローン残高や今後の返済総額をチェックしましょう。

金利1%ちがうと返済額に大きな差が!

住宅ローン借り換えによるメリットがある条件

住宅ローンは多くの金融機関で取り扱っていますが、金利は各金融機関によってかなり異なります。
例えば、金利が1%ちがうと借り換えが約500万円もおトクになることもあります。
借り換えにより、総支払額や、月々の返済額が減る可能性が十分にあります。
一般的に以下の条件をクリアしていれば、借り換えをするメリットがあるといわれています。

保証料不要の場合などは、金利差が少なくてもメリットがある場合がありますので、まずは、専門家に相談をして、借り換えのシミュレーションをしてみましょう。

借り換えによるメリットの具体例はこちら

借り換え手続きの書類や諸費用

借り換えは原則、同じ金融機関ではできないので、支払い中の住宅ローン残高分を他の銀行から借りて、その借入金で前の住宅ローン残高を返済し、新たに借りた住宅ローンの返済をはじめることになります。
新たに借り換えることで、最初のローンを組んだとき同様の審査があるのに加え、様々な諸費用が必要となります。
借り換えにかかる費用も含め、検討することが大切です。

住宅ローン借り換えに必要な費用
さくら事務所の住宅ローン借り換え相談サービス