7/20(月)コロナ禍における不動産売却 - 成功事例と失敗事例【オンラインセミナー】

7/20(月)コロナ禍における不動産売却 - 成功事例と失敗事例【オンラインセミナー】
新型コロナウイルスは不動産業界にも大きな影響を与えました。4月5月の中古不動産取引数は激減、緊急事態宣言解除後の6月以降は市況が持ち直しているとは言え、ここに来て新型コロナウイルスの再度の感染拡大など、不安定な状況が続いています。

将来予測は難しいですが、恐らく、これからも多くの自然災害の発生や、新型コロナウイルス第2波・第3波、もしくは新種のウイルスによるパンデミックなど、これらの災害と共に暮らしていかなければならない状況になるかもしれません。
そのような状況の中で、いかにして、自分の資産(不動産)を良い条件でご売却することができるか、今回は、経験豊富な「らくだ不動産のエージェント」が、このコロナ禍において良い条件でご売却する方法を、事例を基に皆さまにお伝えしようと思います。ぜひお気軽にご参加ください。

当日お話する内容の一部

  • 現在の不動産市況は?
  • どんなマンション、戸建て、土地が売れているの?
  • コロナ禍における不動産営業マンの常套句
  • 戦略間違いによる売却失敗事例
  • チャンスを逃さない成功事例 他

YouTubeによるオンラインセミナー

本セミナーはユーチューブを利用したオンラインでの開催になります。
PC、タブレット、スマホからどなたでもご参加いただけます。

※事前お申込みいただいた方への限定LIVE配信となりますので(URLはお申込みいただいた方に、セミナー開催の2日前までにご案内)当日のご視聴希望の方は以下よりお申込みください。

セミナー資料は追って、事前お申込みをいただいた方限定特典お送りいたします。

受付状況

受付終了

開催日

2020/7/20(月)21:00~22:00

開催場所

Youtube(オンライン)

定員

300名

参加費用

無料

講師紹介

本イベントはさくら事務所グループ会社「らくだ不動産」の経験豊富な仲介エージェントがご提供いたします。

村田 洋一

宅地建物取引士/行政書士

行政書士として不動産トラブルの相談を多数受けていた中で、日本の不動産仲介業界の不透明さを強く実感。
消費者にとって一番良い不動産取引を目指すべく、2010年に不動仲介透明化フォーラム(FCT)、2014年にソニー不動産(現SREホールディング)の創業に参画、以後、不動産取引の透明化を目指す。
不動産売却のプロとして、今まで3,000件を超える相談件数、500件を超える売却を実現、「早く高く」売ることにこだわりを持つ。
個人のミッションは、不動産を通じて「笑い」を提供すること。

 

山本 直彌

宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士/マンション管理士/管理業務主任者

不動産仲介会社、大手マンション管理会社を経て、ソニー不動産(現SREホールディングス)へ入社。
より透明性が高く、お客様目線に立った不動産取引を目指して、2020年にらくだ不動産へ参画。
これまでの売買・管理で培った経験を活かし、お客様の不動産アドバイザーとして既存の手法に捉われない提案をモットーに活動中。
透明性の高い公正な不動産取引を実現するために、倫理観の高いエージェントで在り続けます。

参加申込は受付終了いたしました

<セミナーに参加できない方へ>
2週間に1回、業界や経済・市況動向、建物の維持修繕や管理のコツなど、不動産・建築ジャンルのお役立ち情報をメールにてお届けいたします。
セミナーにお越しいただくことができない方、是非こちらのメルマガ登録フォームからご登録ください!

さくら事務所では、随時セミナーを開催しておりますので、下記セミナー一覧ページからお探しください。