「正直不動産」ードラマ監修記念 不動産・インスペクション 正直解説&ウソ解説「正直不動産」ードラマ監修記念 不動産・インスペクション 正直解説&ウソ解説

ドラマ解説コラム

「正直不動産」ードラマ監修記念 インスペクションとは?

インスペクションとは?

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場からまた専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。
米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。
日本でも2018年4月から、中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されました。

インスペクションとは

不動産・インスペクションのプロが解説こんな中古物件・不動産会社には気をつけろ!

Case1:
基礎のひび割れ
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    基礎は多かれ少なかれひび割れているものですから、大丈夫ですよ!ほら、となりの家もひび割れています。

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    基礎のひび割れは幅や深さ、ひびの入り方を確認する必要があります。幅は0.5mm、深さは20mmがすぐ直した方が良いかどうかの目安です。

Case2:
マンションの二重床
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    二重床や二重天井は遮音性が高いので音の心配はありません!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    遮音性がある床材を使ってもマンションは上下左右つながっているので、音が全く聞こえないということはなく、振動を生じさせる動きに気を付けたりは必要です。なお、二重床や二重天井は、配管や配線のレイアウト変更などリフォームのときに工事がしやすい工法です

Case3:
一戸建ての間取り変更
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    ここの壁を壊せば広い間取りにできますよ!日当たり良くするために窓ももう少し広げたりできます

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    場所によっては壁を取ってしまうと耐震性が下がるかもしれないので、耐震診断してもらって確認しましょう

Case4:
不動産の仮契約
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    これは仮契約なので、気楽にサインして大丈夫ですよ!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    売買契約に仮契約はありません。「仮契約」と言われても売買契約のことがあります。気になることはしっかり質問、確認しておきましょう

Case5:
リノベーション物件
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    リノベーションしてあるので、何も問題ありません!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    リノベーションの工事範囲を確認しましょう。リノベーションと言っていても、実際には壁の中や床下の配管・配線など交換していないこともあります。

Case6:
一戸建ての修繕費用
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    一戸建ては修繕積立金がかからないから月々の費用がマンションにくらべて押さえられますよね。

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    一戸建てでも定期的なメンテナンスが必要です。延べ床面積が100㎡の家なら、20,000円/月が目安なので、マンションの修繕積立金と同じくらいの費用感です。

Case7:
ビー玉
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    床に置いたビー玉が転がるから欠陥住宅だ!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    建物は新築も中古も多かれ少なかれ傾いていて、ビー玉が転がることもあります。有害な傾きかどうかは、6/1,000以上の傾きか、建物全体の傾向はどうかなど、総合的に確認して判断します。

Case8:
建築条件付き土地
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    注文住宅と同じなので自由に間取りが変更できますよ!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    原則、注文住宅と同じなので自由に間取りや外観が変更できるが、ほとんど変えられないこともある。契約前に、条件の確認をしましょう。

Case9:
建売住宅
  • 不動産・インスペクションのウソ解説

    建売ですが設計担当と打ち合わせて間取りの変更ができますよ!

  • 不動産・インスペクションの正直解説

    打合せ回数の制限や、変えられる幅には制限がある。「注文住宅と同じ」ではないので条件の確認をしましょう。

続々追加予定

長嶋修が語る【特別企画】
不動産、ウソつき不動産