中古×リノベーションはじめての買い方講座

戸建やマンションなど中古住宅を購入して、自分好みにリノベーションすることもすっかり一般的となりました。お料理やホームパーティが楽しくなるオーダーキッチン、開放的なリビング、おしゃれな躯体現わしの内装、可愛いモザイクタイルのアクセント、自転車やベビーカーの置ける土間、無垢フローリングなど…夢はふくらみますが、後悔しないための「賢い買い方」もしっかり抑えておきましょう。

中古マンション × リノベーション プロが教える買い方講座

中古マンション × リノベーションが上手くいく!買い方フロー

1.プランニング

家族構成、ライフスタイル、将来のビジョンも併せて広さや間取り、資金計画までプランを検討。

ポイント

子育て期・シニア期といったライフステージの変化も視野に入れて家族で「住まい方」を話し合い優先順位を決めましょう

2.物件探し

物件そのものだけでなく、エリア、通勤・通学などの生活圏、交通機関のアクセスも考慮します。

ポイント

安易に物件を選ぶと「開放的なリビング」「対面キッチン」など、リノベーションでやりたいことができず後悔することも。マンションの構造・広さなど「プランを実現できる物件か」を確認

3.インスペクション

建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から専門的に診断しリスクヘッジします。

ポイント

ホームインスペクションは契約前に行うことがポイント。契約してしまってからでは、思わぬ不具合が見つかったり、最悪な「欠陥住宅」であっても契約を取り消せません。

4.契約

不動産のプロが契約関連書類をチェックしたり、契約立ち会いサービスも行っています。

ポイント

後々の暮らしや収支にも影響するので管理規約や修繕積立金についても確認します。契約書のわからない部分などはプロのアドバイスを受けるなど納得の上で契約へ。

5.リノベ工事チェック

建物に精通したホームインスペクターが客観的な立場からチェックを行いトラブルを未然に防ぎます。

ポイント

工事前、解体後、工事中、完成後と各工程でのチェックがおすすめ。特に工期を急ぐ工事、デザイン重視の仕様では不具合が起こりやすいので、プロの目線でのチェックでリスクヘッジを!

6.引き渡し
ポイント

引き渡し後に生活をはじめてからトラブルや不具合が発覚することも。気になることがあれば、我慢しないで早めに調査をして補修へと進めましょう。

プロが指摘!知っておきたい応用編

TOPに戻る

リノベ済マンション プロが教える買い方講座

リノベ済マンションを賢く買う!買い方フロー

1.物件探し

物件そのものだけでなく、エリア、通勤・通学などの生活圏、交通機関のアクセスも考慮します。

ポイント

表面はきれいなリノベ済マンションですが、築年・スペック・設備と価格を検討して選択しましょう。物件そのものだけでなく立地や管理状態も見ておきたいところです。

2.インスペクション

建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から専門的に診断しリスクヘッジします。

ポイント

ホームインスペクションは契約前に行うことがポイント。契約してしまってからでは、思わぬ不具合が見つかったり、最悪な「欠陥住宅」であっても契約を取り消せません。

3.契約

不動産のプロが契約関連書類をチェックしたり、契約立ち会いサービスも行っています。

ポイント

後々の暮らしや収支にも影響するので管理規約や修繕積立金についても確認します。契約書のわからない部分などはプロのアドバイスを受けるなど納得の上で契約へ。

4.引き渡し
ポイント

引き渡し後に生活をはじめてからトラブルや不具合が発覚することも。気になることがあれば、我慢しないで早めに調査をして補修へと進めましょう。

プロが指摘!知っておきたい応用編

TOPに戻る

中古戸建 × リノベーション プロが教える買い方講座

中古戸建 × リノベーションが上手くいく!買い方フロー

1.プランニング

家族構成、ライフスタイル、将来のビジョンも併せて広さや間取り、資金計画までプランを検討。

ポイント

子育て期・シニア期といったライフステージの変化も視野に入れて家族で「住まい方」を話し合い優先順位を決めましょう

2.物件探し

物件そのものだけでなく、エリア、通勤・通学などの生活圏、交通機関のアクセスも考慮します。

ポイント

安易に物件を選ぶと「開放的なリビング」「対面キッチン」など、リノベーションでやりたいことができず後悔することも。構造・広さなど「プランを実現できる物件か」を確認

3.インスペクション

建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から専門的に診断しリスクヘッジします。

ポイント

ホームインスペクションは契約前に行うことがポイント。契約してしまってからでは、思わぬ不具合が見つかったり、最悪な「欠陥住宅」であっても契約を取り消せません。

4.契約

不動産のプロが契約関連書類をチェックしたり、契約立ち会いサービスも行っています。

ポイント

契約書のわからない部分などはプロのアドバイスを受けるなど納得の上で契約へ。

5.リノベ工事チェック

建物に精通したホームインスペクターが客観的な立場からチェックを行いトラブルを未然に防ぎます。

ポイント

工事前、解体後、工事中、完成後と各工程でのチェックがおすすめ。特に工期を急ぐ工事、デザイン重視の仕様では不具合が起こりやすいので、プロの目線でのチェックでリスクヘッジを!

6.引き渡し
ポイント

引き渡し後に生活をはじめてからトラブルや不具合が発覚することも。気になることがあれば、我慢しないで早めに調査をして補修へと進めましょう。

 

プロが指摘!知っておきたい応用編

TOPに戻る

40,000組を超える経験と建築・不動産のプロがお客様の疑問に全力でお応えします。

さくら事務所 メールマガジン会員募集

住まいに関する役立ち情報、不動産に関するニュースから
大好評のセミナーまでさくら事務所から最新情報をお届けします!

メールアドレス

買い替え、売却に関する情報をご希望の方はこちらもチェック