新築工事チェック(建築途中検査・施主検査立会い)

工事中のミス、手抜きを未然に防ぐ、一戸建て「新築工事チェック(建築途中検査)」

一級建築士事務所、さくら事務所の一戸建て「新築工事チェック(建築途中検査)」とは、建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から、また専門家の見地から、専門的に工事現場(施工)のチェックを行うものです。

「間違いのない安心できる住まいを購入したい」「プロの知識・経験を利用したい」「施工中の工事に問題がないかみてもらいたい」「欠陥住宅の心配から解放されたい」などのご要望にお応えします。

※さくら事務所では、これまで多くのハウスメーカーの住宅を診断してきた実績がございます

  • 積水ハウス
  • 旭化成ホームズ
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム
  • 飯田産業
  • オープンハウス
  • >> これまでに診断してきたハウスメーカー・パワービルダーはコチラ

    お申し込みの時期

    確認申請を出す前』 おススメ!

    工事請負契約のご契約前』 おススメ!

    建築途中』 おススメ!

    ※内覧会・竣工検査の立会い・同行をご希望の方は、新築一戸建て内覧会(竣工検査)立会い・同行へ

    工事中のリスク・心配ごと

    • 図面通りに施工されていなかった
    • 入居後に欠陥が見つかった
    • 工事が適切か自分では判断できない
    • 欠陥や施工不良に対処してくれない、ごまかされる
    • 売主や施工会社との交渉が難航する
    • 売主や施工会社の説明が本当か判断できない
    • 建物が長持ちしない
    • 補修方法が適切か判断できない
    • 建築中の建売住宅の品質がわからない
    • 注文建築の施主検査は何を検査したらいいかわからない

    本サービスのメリット

    • 「欠陥住宅」「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを減らせる
    • 建物に問題がないか、専門家がチェックすることで安心感が増す
    • 売主側の主張が正しいか、ホームインスペクターが判断してくれる
    • 補修個所・改善点について売主に指摘してもらえる。 ホームインスペクターが同行することで、業者側の対応も違い、判断基準が明確かつ公平・公正になる
    • ホームインスペクターの知識・経験に基づく、買い手側の立場で見た報告・アドバイスを受けられる
    • ご依頼者と売主の今後の関係に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる 客観的な数値と常識的な判断で交渉を行なうため、関係を損なうことなく対応・説明を求めることが可能
    • 生活上考えうる音や臭い、設備機器類に関するアドバイスを受けられる
    • 意匠、構造、設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかる
    • 詳細報告書をお送りし、注意点・確認事項をご案内。住宅資産価値を保持するための、大切な履歴書として保管できる

    「第三者のチェックが入ることで抑止効果が働き、丁寧に施工してもらえるという副次効果も。指摘するべきところはきちんと指摘する一方で、売主、若しくは施工会社との今後の関係にも配慮したコミュニケーションや振る舞いを心がけています」

    一戸建て「新築工事チェック」で行われること

    地盤改良(杭)・建物基礎から引渡し前まで、ご要望に応じて現場を確認します。

    基礎配筋

    鉄筋の配置(配筋)をチェック。鉄筋の太さ、鉄筋の間隔、重ね継手の長さ、コンクリートのかぶり厚さ、補強筋の有無、アンカーボルトの位置や本数など、主に基礎の底盤を中心とした施工の状況をチェックします。

    コンクリート打設

    打設前の清掃状況、コンクリートの打設方法、打設状況、打設時間、納入されたコンクリートの仕様などを確認します。 やり直しが困難な工程ゆえ、注意が必要です。

    土台敷き

    「基礎パッキン工法」と呼ばれる、基礎コンクリートと土台部分にすき間を空け床下換気する方法が一般的でこの配置の確認やアンカーボルトの施工状況等も確認。また、この時点でコンクリートのジャンカやクラックの有無も確認します。

    構造金物・耐力壁

    柱や梁の寸法を確認。柱と梁等を接続する金物の取り付け状況、建物を支える耐力壁の構成や位置、木材の含水率など、また防蟻処理の状況をチェックします。大きな地震の際に有効になる構造が多い重要なポイントです。

    外壁防水

    住宅のトラブルで最も多いのは雨漏り。 雨漏りが起きないよう、防水の状況をチェックします。 防水の順序と範囲が、大きなポイントになります。

    壁・天井断熱材

    住まいの快適性に大きく関わる断熱。断熱材の仕様や、取り付け状況、隙間がないかどうかをチェックします。

    完成検査

    施主検査に同席し、新築一戸建て内覧会立会いと同様のチェックで全体の仕上がりを確認します。

    • 使用する標準機材
    • チェック項目 (チェックリストの一部を抜粋)
    • オートレーザー

      オートレーザー

      水平精度・垂直精度を素早く計測
      縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
      縦軸の光を基準にすることで壁の倒れや膨らみ歪みを確認します。
      また横軸の光を基準に床までの距離、天井までの距離を測ることにより床・天井の傾きを正確に把握することが可能です。

    • 電気抵抗式木材水分計

      電気抵抗式木材水分計

      一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
      木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
      含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。

    • 精密水平器

      精密水平器

      洗面台や靴箱、物入れの棚などは水平器を使用して精度をはかります。

    • スケール

      スケール

      ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付

    • 脚立

      脚立

      懐中電灯

      懐中電灯

      チェックシート

      チェックシート

    • 基礎配筋チェック

      ベース(底面)配筋の径及び間隔の確認上端筋の径・下端筋の径・腹筋の間隔・タテ筋の間隔・捨てコンクリートの有無・防湿シート・防湿コンクリートの有無・立ち上がりのかぶり厚が40mm以上あるか・基礎底面のかぶり厚が60mm以上あるか・直線の重ね継手長さは 40d以上あるか・隅角部の重ね継手長さは、300mm以上あるか・底面にある鉄筋端部は、90度以上折り曲げてあるか・立ち上がりの鉄筋端部は180度以上折り曲げてあるか・床下換気口周囲の補強筋は適切か・スリーブに補強筋はあるか

    • コンクリート打設チェック

      型枠の中に、ゴミなどが落ちていないか・型枠が少し濡らしてあるか・打ち継ぎ面が濡らしてあるか
      ・コンクリートの呼び強度・コンクリートのスランプ・コンクリートの粗骨材寸法・納入までの最大経過時間・25℃未満:120分以下、25℃以上:90分以下・コンクリートの打設数量・施工業者によるコンクリート品質試験・コンクリート打設方法・打設人員(ポンプ車の場合は、ポンプ車操作員を含む) ・バイブレーターの使用

    • 土台敷きチェック

      アンカーボルトにゆるみがないか・アンカーボルトのねじ山は、土台から3山以上あるか・継手の押さえ勝手の上木に、アンカーボルトがあるか・ホールダウンの位置・基礎パッキンの位置・床下換気口の位置、間隔、数・土台の火打ちの位置・束石または耐圧盤・床束の種類・大引、床束、束石の浮き

    • 構造・金物チェック

      柱/梁の木材含水率・建て方の状況確認・柱は垂直か・土台との接合部の補強金物(ホールダウン含む)は適切か・金物に緩み、固定不良がないか・耐力壁(筋かいを含む)の位置、仕様は、図面どおりか・合板耐力壁のクギ留めの間隔・筋かい端部の金物・小屋束は、筋かい・振れ止めなどで固定しているか金物に緩み、固定不良がないか

    • 防水チェック

      防水シートが横貼りの場合、シートが下から貼ってあるか・壁の貫通部は、防水テープ、コーキング等によって防水処理されているか・開口部の外部は、防水テープで防水処理されているか・バルコニーの防水処理に防水切れはないか

    • 断熱チェック

      建物上部の断熱材の位置、断熱仕様・建物下部の断熱材の位置、断熱仕様・外気に面する壁の断熱工法/断熱仕様・実際の仕様は図面通りか・袋入り繊維系断熱材の場合、留め付け間隔が適当か・繊維系断熱材の防湿シートは室内側に向いているか・防湿シートにゆるみが無いか・断熱材の入れ忘れの箇所がないか

    • ※構造の種別によってチェック項目が異なります(上記は軸組構造の場合)
      ※工事の進捗によってチェックできる項目が異なります
      その他 一戸建て内覧会(竣工検査)に準ずる
    • 使用する標準機材
    • チェック項目 (チェックリストの一部を抜粋)

    「指摘箇所について、数値的な根拠を示すために標準機材を使用します。感覚や印象ではなく、具体的な数値を明示したうえで交渉に臨むことが重要です。」

    ご希望にあわせたコースを選べます

    木造住宅では、<構造コース(A)>、構造と完成検査をセットにした<構造+仕上げコース(B)>構造と防水、断熱、完成検査をセットにした<標準コース(C)>の3とおりを準備しています。

    「基礎工事前の地盤改良工事(杭)からお願いしたい」「全部のチェックは要らないので、上棟以降のチェックをして欲しい」などのカスタマイズは可能です。別途見積もりしますのでご相談ください。

    サービス組み合わせの例

    ※木造住宅 (軸組構法) 延床面積125㎡未満 東京近郊の場合
    チェックのタイミング ※多少前後することがあります 構造コース(A)
    施工チェック 4回 コース料金 220,000円 +税 260,000円 +税
    構造+仕上げコース(B)
    施工チェック 5回 コース料金 285,000円 +税 330,000円 +税
    標準コース(C)
    施工チェック 7回 コース料金 395,000円 +税 460,000円 +税
    基礎配筋
    コンクリート打設
    土台敷き
    構造金物・耐力壁
    外壁防水
    断熱
    完成検査(内覧会)
    サービス料金 コース料金
    220,000円 +税 260,000円 +税
    コース料金
    285,000円 +税 330,000円 +税
    コース料金
    395,000円 +税 460,000円 +税

    表を横スクロール(スワイプ)すると、表示内容の確認ができます。

    • ※上記以外のコースもカスタマイズ承ります。お気軽にお見積もりお問い合わせフォームからお問い合わせください。
      例: 2回チェックの場合(125平米未満):130,000円+税
    • ※消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます

    さくら事務所が多くの方に選ばれる“他社にはない”10のポイント!

    ホームインスペクション実績 ダントツNo.1!

    さくら事務所は1999年からホームインスペクションをご提供しているパイオニア。これまでの実績数は36,000組超!に及びます。
    新築・中古、マンション・一戸建て(建売住宅・注文住宅)、収益物件などオールラウンドな物件種別に対応します。

    さくら事務所が提供するのは『王道のインスペクション』

    他の先進国では買主がリスクヘッジのために第三者のインスペクションを活用することが常識です。さくら事務所では、利害関係のない中立な第三者として、買主の方の立場に立ったアドバイスを行います。
    また、ホームインスペクションが常識となっているアメリカでインスペクション現場や研修を徹底リサーチし、実務や研修に取り入れることにも力を注いでいます。

    知識・技術ともに最高レベルのホームインスペクター! 50名超の中から指名も可

    • 全員が建築士資格を持つホームインスペクター
    • ホームインスペクターの研修時間は100時間超
    • 在籍するホームインスペクターは50名超!
    • 公認ホームインスペクター資格取得が義務
    • ホームインスペクターへ海外事例の共有も

    さくら事務所のホームインスペクターは、

    • 実務経験平均20年以上の住宅の設計・工事のプロフェッショナル
    • 全員が建築士資格を保持
    • 建物の種類、用途、調査内容に応じたプロが揃う専門家集団
    • 毎月、勉強会を開催し、最新技術の習得と継続した修練を重ねている
    • 合格率が30%以下の公認ホームインスペクター資格取得を義務付け
    • ですから、知識・技術ともに最高レベルと言えるのです!

      ※ ホームインスペクターのプロフィール、これまでのご依頼者からのアンケートも公開中!

    ご不安をお聞かせください!丁寧かつ迅速なフロントデスク対応

    「住宅診断について・どんな調査をするのか」聞きにくいという方も安心してご連絡ください。ご依頼者の窓口となるフロントデスクが親切丁寧にご説明します。また、サービスのお申し込みはWEBサイト上で完結できるのも、当社の大きな特徴です。
    (別途、図面などの必要資料はご手配をお願いしております)

    加えて当社は、品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2008」の認証を取得!高いサービス品質を確実にご提供する体制を整えています。

    永年アフターフォロー!調査の後はいつでもご連絡ください!

    さくら事務所ではホームインスペクションに伺った物件についてのご質問・ご相談を原則、永年無料でお約束しています(お電話またはメール)。期間を区切ったり、相談の範囲を限定したりはいたしませんので、お気軽にご相談ください。

    契約内容についてのアドバイスも!不動産売買のプロがあなたをサポート

    さくら事務所では「購入におけるリスク」、「どう売却するのがベスト?」、「活用の方法」、「契約の妥当性」など、購入される予定の物件について、不動産コンサルタントが中立にアドバイス。契約前でご不安をいただいている方は、お気軽にお問い合わせください。

    ホームインスペクション後も、ご依頼者のパートナーとして寄り添っていきます

    さくら事務所には、各分野の専門家が在籍しています。
    物件の売買契約や相続不動産についてのご相談、住宅ローンの借り換えや火災保険の見直しなど、各専門家がご依頼者様をサポートする体制を完備。さらに、将来の住み替えの売却・買い替えのお手伝いもいたします。

    ホームインスペクション後も、ご依頼者のパートナーとして寄り添っていきます

    ご不安に応じて、特殊機材オプションを豊富にご用意!

    ホームインスペクションは非破壊での目視調査が基本です。しかし、「目視だけですべて分かるのでしょうか?」という不安を抱く方もいらっしゃいます。

    さくら事務所では、そうした不安を解決するために、サーモグラフィカメラやファイバースコープカメラなどもオプションとして用意。壁の中の状態も一定程度、診断ができる体制を整えています。

    ご依頼者限定特典!「リフォーム(修繕)・リノベーション相談」「火災保険相談」が無料

    調査で見つかった点の修繕やクロス・設備の交換といったリフォームだけでなく、リノベーションについても相談を承ります。

    効果的なリフォーム・リノベーションの方法や、業者選定のやり方、見積書の見方など、建物の状態を踏まえた第三者だからこそできるアドバイスをご提供。

    また、当社にご相談いただく方の約72%が、「保険料のムダ払い」「保険のかけすぎ」に該当してしまっている『火災保険』。ご依頼者の住まいにふさわしい補償内容のご提案、不必要な補償の見直しなど、お金のプロが分かりやすくアドバイスいたします。

    メディアへの露出・放映履歴多数!

    さくら事務所は、NHKはじめとしたテレビ・新聞・雑誌などで、これまで1,000回以上紹介され、多数の書籍を発刊しています。

    また弊社会長(創業者)で不動産コンサルタントの長嶋修は、経済産業省・国土交通省等公的部門の委員等を歴任するなど、これまで国の住宅政策にも影響を与えてきた存在です。

    サービス料金一覧(木造住宅の場合)

    新築工事チェック(建築途中検査)

    • 建築途中検査

      65,000円+税

    • 構造コース(A)

      260,000円+税220,000円+税

    • 構造+仕上げコース(B)

      330,000円+税285,000円+税

    • 標準コース(C) おススメ!

      460,000円+税395,000円+税

    • 3回以上のコースは1回55,000円+税となります(完成検査除く)
    • 上記コース他、カスタマイズ可能です。別途見積りします
    • サービス説明資料をお送りしております。お気軽にお見積もりお問い合わせフォームからお問い合わせください
    • 各オプションメニューの詳細は、それぞれのリンクよりご確認ください
    • 各コースについては現場着工時に着手金、サービス完了時に残金として半金ずつのお支払いをお願いしております。オプションは実施後のお支払いとなります
    • 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます
    • 別途交通費・出張費の発生するエリアがあります
      交通費エリアについてはこちらをご参照ください
    • 以下の場合は、別途お見積もりとさせていただききます ⇒ 『建築中』 『延床面積125m2以上』 『地上、地下合わせ4階超』『2世帯住宅や全部・一部賃貸住宅』 『店舗併用住宅』 『特定のトラブルがある』お見積もりお問い合わせフォームにてご確認ください

    サービス説明

    サービス説明(無料)のお問い合わせ

    お見積もりお問い合わせフォームから、若しくは、0120-390-592へお問い合わせください
    「新築工事チェックの概要説明(フロー、チェック方法、標準的なチェックのタイミングなど)、実施するための諸条件、申込み方法などをご説明します。」サービス利用の是非をご検討下さい

    よくあるご質問(FAQ)

    ⇒その他よくある質問はこちら

    お申し込みの手順

    新築工事チェック(建築途中検査)

    1サービス説明資料のご確認
    新築工事チェック・サービス説明資料のご確認

    お問い合わせいただいた際に「新築工事チェック・サービス説明資料」をお渡しいたします。資料をご覧になっていただき、業務内容にご納得の上、お申し込み手続きを行ってください。

    ご不明な点などありましたら、0120-390-592へお問い合わせください。

    2お申し込み
    ホームページからお申し込み

    お申し込みは サービスのお申し込みフォーム からお願いいたします。
    (自動返信メールが届きます)

    FAXからお申し込み

    FAXでのお申し込みをご希望のお客様は、フリーダイヤル(0120-390-592)までご連絡くださいませ

    お電話からお申し込み・お問い合わせ

    お急ぎの場合は、0120-390-592 にて、お申し込み(日程等お問い合わせ)ください。

    空き状況確認や、ちょっとしたご質問ならLINEからもお問い合わせいただけます。

    キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

    3着手金のお支払い
    現場着工時、着手金として半金(50%)のお振込みまたはクレジットカードでのお支払いをお願いいたします

    着手金、また最終報告後の残金をそれぞれ、クレジットカード決済をご利用いただくことが可能です。

    4必要書類の送付・施工会社等への連絡
    新築工事チェックを行う上で必要な書類の送付、図面等で不足がある場合は不動産会社、施工会社へのご連絡をお願いします。初回の工事チェックの日程調整をしていただき、新築工事チェックサービスが開始されます
    5PDFレポートで進捗状況の確認
    サービス期間中はPDFレポートのメール送信にて状況をご確認いただけます

    ご質問等はメールや電話などご希望の方法でやりとりをさせていただきます。

    6最終レポート
    全工事チェック日程終了後、今までお送りしたPDFをひとつにまとめた最終レポートのデータをお送りします
    7質疑応答
    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください
    8残金のお支払い
    調査終了後、ご請求についてご案内をいたします

    最終報告データ到着後、7日以内に残金分(50%)のお振込みをお願いいたします
    (クレジットカードでのお支払いも可能です)

    9アフターフォロー
    さくら事務所では、お電話・メールによるご相談などの「アフターフォロー」をお約束しております

    アフターフォロー」の詳細はこちらをご覧ください