一戸建て自宅ホームインスペクション(住宅診断・建物状況調査)

サービス概要

ホームインスペクション(住宅診断)は、主に非破壊の目視調査。確認できる範囲で建物のコンディションを把握・推測できるので、不具合箇所の修繕が計画的に立てられます。
建物に精通した専門家・ホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者の立場からご自宅の調査を行います。
※サービスご利用満足度98%

災害リスクレポート』が今ならお得なセット割で1800円OFF

  • 高レベルな検査精度と独自のチェックリストに基づく専門的なホームインスペクション
  • 「リフォーム」か「建て替え」かについて判断材料が得られます
  • 客観的な建物の状態を把握=適切な修繕やリフォームになり、結果的に費用を節約

その他メリット詳細はこちら

サービス料金

基本コース
(報告シート付 ※サンプル

60,000円(税抜)

建物状況調査
(建物状況調査結果の概要付 ※サンプル

45,000円(税抜)

「ホームインスペクション(住宅診断)」の現場では、どんなことが行われているのか?

【動画】1分でわかる中古一戸建てホームインスペクション

対象となる方

不具合が見つかったので、専門家に自宅全体を点検してもらいたい方

リフォームや修繕をするので、直すべき箇所を客観的に知りたい方

次世代住宅ポイント制度(リフォーム)のインスペクションのポイント申請に必要な「建物状況調査の結果の概要」も発行しております。ご希望の方はお問い合わせ・お申込み時にお知らせください。

古い家なのでリフォームをして住めるのか、客観的な意見がほしい方

【浴室タイル割れ】

浴室タイル割れ

タイルの亀裂から水が壁内部に入り、土台の腐朽を招いている可能性があります。

※不具合の状況によっては個別調査となる場合がありますので、お問い合わせください。

【ブロック塀の亀裂】

ブロック塀の亀裂

ブロック塀の安全性について目視でわかる範囲で確認します。

(亀裂や鉄筋の露出、傾きなど。敷地内のブロック塀は揺れるかどうかも。)

無料のアフターサービスや瑕疵保険が切れる前に不具合を見付けてタダで直してもらいたい方

【クロス亀裂】

クロス亀裂

2年間の無料アフターサービスで直してもらえることが多い事例。

売却するので瑕疵(不具合)を事前に知りたい方

*建物状況調査もあります(45,000円~)。詳細は「お見積もりお問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

購入者が税制優遇措置を受けられるようにして売却したい方

※税制優遇措置を受けるためには、オプション調査費用、瑕疵保険保証料などが別途必要となります。

長期優良住宅化リフォーム(住宅診断)推進事業インスペクションのご利用をご検討の方

⇒詳細は「お見積もりお問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

本サービスのメリット

  • 高レベルな検査精度と独自のチェックリストに基づく専門的なホームインスペクションを受けられる
  • 「リフォーム」か「建て替え」かについて判断材料が得られる
  • 客観的な建物の状態を把握できるので適切な修繕やリフォームをすることができ、結果的に割安になる
  • 修繕の方法などについて調査後に無料のアフターフォローでアドバイスがもらえる
  • オプションの写真付き詳細報告書は資産価値維持の「住宅履歴書」として活用できる
    サンプルはこちら
  • プロでなければわからない不具合を見つけた上に、売主への不具合の伝え方もアドバイスしてもらえ、無料のアフターサービスや瑕疵保険などを有効に活用できる
  • 売主から提示された不具合箇所などの修繕方法の妥当性や、修繕箇所の確認方法について有益なアドバイスがもらえる
  • 耐震基準適合証明書(オプション)、フラット35適合証明書(オプション)、既存住宅売買瑕疵保険(オプション)をつけて売却すれば、買主がさまざまな特典が受けられる
  • 建物の専門家が調査結果を買主にわかりやすく説明してくれる(建物状況調査・重要事項説明フォローオプション)

使用機材・チェック項目

  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)
  • オートレーザー

    オートレーザー

    水平精度・垂直精度を素早く計測
    縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
    縦軸の光を基準にすることで壁の倒れを確認します。
    また横軸の光を基準に床までの距離を測ることにより床の傾きを正確に把握することが可能です。

  • 電気抵抗式木材水分計

    電気抵抗式木材水分計

    一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
    木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
    含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。

  • 精密水平器

    精密水平器

    キッチンカウンター、階段は水平器を使用して精度をはかります。

  • スケール

    スケール

    ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付

  • 脚立

    脚立

    懐中電灯

    懐中電灯

    チェックシート

    チェックシート

  • 屋外 外壁 ブロック塀

    屋外

    基礎:ひび割れ、著しい欠損、鉄筋の露出、浮き、剥がれ、蟻道
    外壁:ひび割れ、欠損、浮き、剥がれ、チョーキング、隙間、腐食、白華
    シーリング材:ひび割れ、剥がれ
    屋根:ひび割れ、欠損、剥がれ、変色やコケの発生、腐食、隙間、ずれ、錆び、浮き、雨漏り
    雨樋:破損、著しい変色、つまり、はずれ、ひび
    軒裏:ひび割れ、欠損、ひび割れを伴う浮き、剥がれ、雨漏り、腐食
    バルコニー:防水層の破断、支持部分の欠損・腐食、床の沈み・欠損・腐食等、手すりのぐらつき・腐食等
    サッシ:周囲の大きな隙間、面格子ぐらつき・サビ・腐食、転落防止用手すり(窓手摺りなど)のぐらつき・支持部分の腐食等
    シャッター・雨戸・網戸:動作不良
    外部階段:構造体や支持部の欠損、取り付け部の破損、踏面の腐食・破損、転落防止用手すりのぐらつき・支持部分の腐食等
    敷地:ブロック塀の亀裂・欠損・傾き・ぐらつきなど
  • 室内

    室内

    壁・柱・梁(室内に面する部分)・壁面:仕上げの剥れ・腐食・カビ・欠損・浮き・剥れ・ひび割れ
    床:剥れ・腐食・カビ・染み・めくれ・変色・著しい磨耗・ひび割れ・浮き 
    天井壁紙等:剥れ・亀裂・腐食・カビ・ひび割れ・欠損 
    階段:著しい沈み・きしみ・踏み面の傾き 
    建具(室内ドア等):動作不良・反り・変形
  • 床下

    床下

    土台・床組:構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐朽・発錆・木材含有水分率
    基礎:立ち上がり部分(屋内・屋外)のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、耐圧盤のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、防湿処置・腐食を伴う著しい隙間等
    束:緩み・浮き・腐食・浮き 
    災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 小屋裏・天井裏

    小屋裏・天井裏

    小屋裏・各階間の天井裏:梁・桁など構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・木材含有水分率(木造の場合)
    換気ダクト:接続不良・欠損
    災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 設備

    設備

    キッチン:著しい給水量不足、床上の漏水、封水の吸引・噴出し
    洗面:著しい給水量不足、床上の漏水
    浴室:著しい給水量不足、漏水
    トイレ:著しい給水量不足、床上の漏水 
    給湯機・電気温水器:周辺の漏水・製造年 
    最終枡(敷地内):著しい堆積物・内部の隙間 換気設備の動作不良、火災報知器設置他
  • ※高所の確認は、1.2メートル程の脚立を使用して安全に確認出来る範囲となります。あらかじめご了承くださいませ
    ※耐震性や構造の妥当性などは確認できません
  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)

ご活用ください!インスタ映え・七つ道具のご紹介

オプション

ご利用者様の声

  • 新築して10年で瑕疵担保期間が切れるということで調査をお願いしました。屋根裏も調査して頂き、雨漏りが見つかったので無料で直してもらうことになりました。普段、屋根裏を覗くことはないので、この機会に見つけてもらわなければ雨漏りが進行して被害が広がっていたはずです。調査をしてもらって本当によかった。ありがとうございました。

  • 築年数の古い建物だったので、リフォームをして何年くらい住めるのかわからず悩んでいました。いっそのこと建替えたほうがいいのかとも思いましたが、費用の問題と、両親がいまの家に愛着を持っていたので躊躇していました。おかげさまで長く住めることがわかり安心しました。このようなサービスがもっと知られるといいと、心から思います。お世話になりありがとうございました

  • きちんとメンテナンスをして住んできた自宅ですが、駅から遠いためなかなか買い手がつきませんでした。さくら事務所に勧められて、瑕疵保険の検査を受け、瑕疵保険に加入できるようにしたところ、住宅ローン減税なども受けられるということで、すぐに買い手が現れ、希望を上回る金額で売却することができました。貴社に相談してよかったです。 ・・・・・・ご利用者の声をもっと見る

業界No.1!さくら事務所が選ばれる理由

これまで47,000組を超える方がご利用され(20/3/31現在)満足度は実に98%。ご利用者様の45.9%が、豊富な実績を理由に当社を選ばれています。

厳しいトレーニングをくぐり抜けた精鋭ホームインスペクター(住宅診断士)

調査技能はもちろん、ご依頼者様への的確なアドバイス力・ホスピタリティや使命感を兼ね備えた建築士。
調査実績3,000件超を誇るベテランインストラクターによる徹底指導と、ハイレベルな考査をクリアした者のみがデビューし、「座学講習を1日受けただけで診断を行う建築士」とは一線を画しています。

複数の専門スタッフがチームで対応する安心とスピード

お問い合わせから当日までを迅速かつ丁寧に行える本部体制を整備し、お待たせすることがありません。本部専任の建築士も在籍しています。
「宅地建物取引士」「マンション管理士」など、建築士以外の国家ライセンス保有者が在籍し、建物以外にも契約やマンション管理など幅広いご相談対応・フォローが可能なのは、さくら事務所ならでは。
サービス品質と人材育成を高水準で安定させるため、品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2015」も取得。属人的サービスではない安心をご提供しています。

日本のホームインスペクション(住宅診断)をつくりあげてきたパイオニア

「日本の住宅は新築時がもっとも高く、およそ10年で半値、25年程度でほぼ価値ゼロに」という不動産常識を改革するため、1999年に不動産コンサルタント長嶋修が設立したさくら事務所。

先進国ですでに常識だったホームインスペクション(住宅診断)を日本にローカライズし、普及活動や建築士の育成に取り組んできたリーディングカンパニーです。
(NPO法人日本ホームインスペクターズ協会も設立)

国土交通省をはじめとする委員会、テレビ出演・メディア掲載や出版・講演も非常に多く、各方面からご信頼いただいています。

お申し込み手順

お申し込み手順
  • Step1お申し込み

    サービスのお申し込みフォームまたは、お電話(0120-390-592)からお願いいたします。

    空き状況確認や、ちょっとしたご質問ならLINEからもお問い合わせいただけます。

    キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

  • Step2受付完了連絡

    さくら事務所より「受付完了」通知の連絡をいたします。

    この後の流れや必要書類のお知らせを含んだ、申込み確定のお返事をお送りいたします。
    フォームからは受付完了メールを送信しますので、この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

  • Step3必要書類の送付・不動産会社への連絡

    平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします。
    調査参考資料一覧をご参照ください

    売主様、不動産会社等への本サービスの説明はこちらの書類が便利です。
    ホームインスペクションのご説明

  • Step4担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

    調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます。

  • Step5現地にて調査

    調査結果については当日、現地でお知らせいたします。

    ※調査結果の指摘事項をもれなくお伝えするため、施工現場ご担当者様に同席していただきたいと考えております。お立会いは調査終盤の1時間程度いただければ大丈夫です。ご同席が難しい場合はご相談ください。
    新築一戸建て内覧会(竣工検査)立会い当日の流れ

  • Step6報告シート

    調査終了後、報告シートをお渡しします。

    オプションの写真付き詳細報告書をご選択された場合は調査日の4日後、報告シートを送信します。
    (PDFファイルをメール添付で。ご希望者には書面送付)

  • Step7質疑応答

    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

  • Step8料金のお支払い

    調査終了後、ご請求についてご案内をいたします。

    または写真付き詳細報告書が到着後、7日以内にお願いいたします。
    ※クレジットカード決済を選択されたお客様には、写真付き詳細報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

  • Step9アフターフォロー

    さくら事務所では、お電話・メールによるご相談などの「アフターフォロー」をお約束しております。

    アフターフォロー」の詳細はこちらをご覧ください

本サービスの注意事項

  • 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます
  • 別途交通費・出張費の発生するエリアがあります。 交通費エリアについてはこちらをご参照ください
  • 以下の場合は、別途お見積りとさせていただきます ⇒ 『建築中』『延床面積125m2以上』『各階床面積80m2以上』『地上、地下合わせ4階超』『2世帯住宅や全部・一部賃貸住宅』『店舗併用住宅』『特定のトラブルがある』お見積もりお問い合わせフォームにてご確認ください
  • さくら事務所の各種サービスのお支払いは、クレジットカード決済がご利用可能です。
    ご利用可能なクレジットカードはこちらをご参照ください
  • サービス満足度および調査時のご利用率はご利用者様アンケートの回答結果となります。

よくあるご質問(FAQ)