一戸建て 瑕疵(かし)保険つき中古住宅保証

サービス概要

中古住宅の引渡し後に発生した雨漏りや構造的な不具合に対し、1000万円までの補修費用を最長5年間保証する、瑕疵保険※1つきサービスです(免責金額はございません※2

中古一戸建てホームインスペクション(住宅診断)では、「一戸建て 瑕疵保険つき中古住宅保証」の調査も同時に実施いたします(木造の場合に限る)

※1 既存住宅個人間売買瑕疵保証責任任意保険
※2 保険会社へ直接ご請求される場合は、免責金額がございます

サービス料金

瑕疵(かし)保険つき中古住宅保証がないときのリスク

  • 引き渡し後に問題が発見された場合、全額自己負担になる可能性がある
  • 売主が瑕疵(かし)の修復に応じてくれない
  • 瑕疵(かし)の修復に予想以上の出費が出る
  • 瑕疵(かし)が保証されないことを知っていれば決済しなかった

本サービスのメリット

  • 建物に大きな瑕疵がある可能性を把握できる。原則とし検査当日に現場検査の結果がわかる※
  • 建物について1000万円まで、最長5年間の保証が受けられる

    ※該当する損害が生じた際は免責金額無しで保証します

  • 建物の検査後に保証金額と保証期間を選べる
  • 保証がついているから、建物に万一のことがあっても大きな費用負担がない
  • 「保険付保証明書」が中古住宅取得に係る減税等の適用に必要な証明書類として使える
  • さくら事務所が倒産しても直接保険法人に保険金の請求が行える

※保証利用の確定は、当社の現場検査に適合後、保証お申し込み後に行われる保険法人の書類審査後となります。あらかじめご了承ください
※保険会社へ直接ご請求される場合は、免責金額がございます。

「買った後、いつごろ、どこにいくらくらいのお金がかかるのか」
「あとだいたい何年くらいもちそうか」
「長く大事に住むためにはどうしたらよいか」
などのアドバイスをお求めの場合は「ホームインスペクション(住宅診断)」がおすすめ。
オプションで一戸建て 瑕疵(かし)保険つき保証をつけることもできます。

瑕疵担保責任保険の保険金支払事例

  • 事例1 外壁のクラックで約90万円(平成20年度 岐阜県)

    2階建て住宅(延べ面積:約170m2)の外壁(サイディング張り)において、建物西側の窓隅、東面2か所、北面1か所にクラックが発生した事例。地盤は良好であり、不同沈下の可能性は考えにくい。

    ⇒ 事故発生箇所の既設外壁サイディングの張替え、サッシまわりのクラックの補修、シーリングの一部再施工を行った。

  • 事例2 基礎のひび割れで約170万円(平成18年度 兵庫県)

    2階建て住宅(延べ面積:約120m2)において、基礎の立ち上がり部分にひび割れ(外周に10か所、床下側に5か所)が生じた事例。

    ⇒ 建物外周の犬走りを撤去した後、基礎部分のひび割れを補修するとともに、カーボンシートを施工する補修工事を行った。

  • 出典:一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会編集・発行『住宅の保険事故事例集』
    ※上記画像は参考イメージ

対象となる住宅

  • 人が居住したことがあること
  • 「木造住宅」または1住棟の延床面積が500m2未満の「RC造」「SRC造」「鉄骨造」
  • 昭和56年6月1日以降に建築確認を受けていること
    ※上記以外の住宅も対象となる場合があります。こちらをご覧ください。
  • 「各階平面図」があること(図面は写しで可)
    ※改修工事中または引き渡し前に改修工事を予定している場合は、
    図面・仕様書等改修工事がわかる書面が必要です。必要書類はこちらをご覧ください
  • 床下・屋根裏(小屋裏)点検口があり、脚立などを用いて頭を内部に入れられること
  • 新耐震基準を満たしていること
  • 売主が不動産業者(宅地建物取引業者)ではない住宅

※現場検査のお申込みから検査実施まで時間がかかることがあります。日程に余裕をもってお申込みいただけますようお願いいたします

※現場検査適合後、保証のお申込みが引き渡し日に近いと、保証開始が引き渡し日以降になることがあります

保証の対象となる部分

引き渡し後に下記対象部分に発生した不具合(瑕疵)を保証します。

  • 構造耐力上主要な部分
  • 雨水の浸入を防止する部分

(住宅の品質確保の促進等に関する法律施行令第5条第1項および第2項に規定する部分)

【給排水管路保証オプション】

対象住宅内またはその敷地内に設置された給水管、給湯管、排水管または汚水管の水漏れや詰まりなどの不具合を補償します。

※保証内容や保証料はこちらをご覧ください

【保証対象部分】

(イラスト:国土交通省・まんがでわかる「住宅かし担保履行法」より)

保証が受けられる方 保証開始日

  • 中古住宅を購入して、引渡しを受ける方に対し、引渡し日から保証開始します

※保証のお申込みが引き渡し日に近い場合、保証開始が引き渡し日以降になることがあります

保証内容を記した「保証書」と「保険付保証明書」をお渡しします

※保証書サンプルはこちら

※保険付保証明書サンプルはこちら

さくら事務所発行の「保証書」と、保険法人発行の「保険付保証明書」を発行、中古住宅の引渡しを受ける方にお渡しします。

使用する標準機材

  • オートレーザー

    オートレーザー

    水平精度・垂直精度を素早く計測
    縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
    縦軸の光を基準にすることで壁の倒れや膨らみ歪みを確認します。
    また横軸の光を基準に床までの距離、天井までの距離を測ることにより床・天井の傾きを正確に把握することが可能です。

  • 電気抵抗式木材水分計

    電気抵抗式木材水分計

    一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
    木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
    含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。

  • 精密水平器

    精密水平器

    洗面台や靴箱、物入れの棚などは水平器を使用して精度をはかります。

  • スケール

    スケール

    ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付

  • 脚立

    脚立

    懐中電灯

    懐中電灯

    チェックシート

    チェックシート

業界No.1!さくら事務所が選ばれる理由

これまで49,000組を超える方がご利用され(20/9/30現在)満足度は実に98%。ご利用者様の45.9%が、豊富な実績を理由に当社を選ばれています。

厳しいトレーニングをくぐり抜けた精鋭ホームインスペクター(住宅診断士)

調査技能はもちろん、ご依頼者様への的確なアドバイス力・ホスピタリティや使命感を兼ね備えた建築士。
調査実績3,000件超を誇るベテランインストラクターによる徹底指導と、ハイレベルな考査をクリアした者のみがデビューし、「座学講習を1日受けただけで診断を行う建築士」とは一線を画しています。

複数の専門スタッフがチームで対応する安心とスピード

お問い合わせから当日までを迅速かつ丁寧に行える本部体制を整備し、お待たせすることがありません。本部専任の建築士も在籍しています。
「宅地建物取引士」「マンション管理士」など、建築士以外の国家ライセンス保有者が在籍し、建物以外にも契約やマンション管理など幅広いご相談対応・フォローが可能なのは、さくら事務所ならでは。
サービス品質と人材育成を高水準で安定させるため、品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2015」も取得。属人的サービスではない安心をご提供しています。

日本のホームインスペクション(住宅診断)をつくりあげてきたパイオニア

「日本の住宅は新築時がもっとも高く、およそ10年で半値、25年程度でほぼ価値ゼロに」という不動産常識を改革するため、1999年に不動産コンサルタント長嶋修が設立したさくら事務所。

先進国ですでに常識だったホームインスペクション(住宅診断)を日本にローカライズし、普及活動や建築士の育成に取り組んできたリーディングカンパニーです。
(NPO法人日本ホームインスペクターズ協会も設立)

国土交通省をはじめとする委員会、テレビ出演・メディア掲載や出版・講演も非常に多く、各方面からご信頼いただいています。

お申し込み手順

お申し込み手順
  • Step1お申し込み

    サービスのお申し込みフォームまたは、お電話(050-1745-3309)からお願いいたします。

    空き状況確認や、ちょっとしたご質問ならLINEからもお問い合わせいただけます。

    キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

  • Step2受付完了連絡

    さくら事務所より「受付完了」通知の連絡をいたします。

    この後の流れや必要書類のお知らせを含んだ、申込み確定のお返事をお送りいたします。
    フォームからは受付完了メールを送信しますので、この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

  • Step3必要書類の送付・不動産会社への連絡

    平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします。
    調査参考資料一覧をご参照ください

    売主様、不動産会社等への本サービスの説明はこちらの書類が便利です。
    ホームインスペクションのご説明

  • Step4担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

    調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます。

  • Step5現地にて調査

    調査結果については当日、現地でお知らせいたします。

    ※調査結果の指摘事項をもれなくお伝えするため、施工現場ご担当者様に同席していただきたいと考えております。お立会いは調査終盤の1時間程度いただければ大丈夫です。ご同席が難しい場合はご相談ください。
    新築一戸建て内覧会(竣工検査)立会い当日の流れ

  • Step6報告シート

    調査終了後、報告シートをお渡しします。

    オプションの写真付き詳細報告書をご選択された場合は調査日の4日後、報告シートを送信します。
    (PDFファイルをメール添付で。ご希望者には書面送付)

  • Step7質疑応答

    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

  • Step8料金のお支払い

    調査終了後、ご請求についてご案内をいたします。

    または写真付き詳細報告書が到着後、7日以内にお願いいたします。
    ※クレジットカード決済を選択されたお客様には、写真付き詳細報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

  • Step9アフターフォロー

    さくら事務所では、お電話・メールによるご相談などの「アフターフォロー」をお約束しております。

    アフターフォロー」の詳細はこちらをご覧ください

本サービスの注意事項

  • 保証利用の確定は、当社の現場検査に適合後、保証お申し込み後に行われる保険法人の書類審査後となります。あらかじめご了承ください。
  • 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます
  • 保証料は事務手数料を含みます。保証金額や保証期間等で異なります。詳しくはこちらをご覧ください
  • 保証料の内、当社がかし保険に加入する料金は非課税のため、上記消費税額は保証料のうち課税対象金額にかかる税額となります
  • 建物の状態により2次検査や不適合箇所の再検査(ともに別途有料)が必要になる場合があります
  • 別途交通費・出張費の発生するエリアがあります。 交通費エリアについてはこちらをご参照ください
  • 以下の場合は、別途お見積もりとさせていただきます ⇒ 『建築中』『延床面積125m2以上』『各階床面積80m2以上』『地上、地下合わせ4階超』『2世帯住宅や全部・一部賃貸住宅』『店舗併用住宅』『特定のトラブルがある』お見積もりお問い合わせフォームにてご確認ください
  • さくら事務所の各種サービスのお支払いは、クレジットカード決済がご利用可能です。 ご利用可能なクレジットカードはこちらをご参照ください

よくあるご質問(FAQ)