新築一戸建て住宅診断(建売・分譲のホームインスペクション)

サービス概要

「新築一戸建て住宅診断(建売・分譲のホームインスペクション)」とは、建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から、また専門家の見地から、あなたのご希望物件・ご契約物件について専門的に調査を行うものです。

さくら事務所が実施する、年間100棟を超える新築検査では、実に『75%以上で施工ミス』が見つかっており(耐震性検査では、指摘率80%以上) 、ご希望のお客様には、物件完成後には見えなくなってしまう箇所の事前検査と、引き渡し時の「完成検査(内覧会同行チェック)」もあわせて行う新築工事チェックサービスも提供しております。


  • ご利用者様満足度98%!累計58,000件突破、業界No.1の提供実績だから安心
  • 100項目を超える独自のチェックリストに基づく高レベルな検査精度で調査
  • 物件価格のわずか0.2%程度の予算で、欠陥住宅を未然に防げる
  • 施工状況についての売主側の主張が正しいか、ホームインスペクターが中立に判断してくれる
  • 補修個所・改善点について売主に指摘や確認をしてもらえる

その他メリット詳細はこちら


【ご依頼者様お立会いなし・当社のみでの調査実施について】
当社では、ご依頼者様お立会いなしの、当社のみでの調査実施も承っております。
ご注意点等、詳しくはこちらをご確認ください。

※コロナ感染防止対策を十分に行い、ホームインスペクション等診断・調査業務を実施しております。

【1分動画】で現場をご紹介!

実際にどんな調査が行われるの?調査現場の様子を、動画でご紹介いたします♪

※本動画は、中古戸建にて撮影したものになり、新築一戸建ての場合は内容が若干異なります。

対象となる方

まだ物件契約をされていない方


本サービスと、別サービスである「新築一戸建て引き渡し前チェック(内覧会立会い・同行)」は、実施内容は同じですが、契約前後でのタイミングによってアドバイス内容が変わる(契約前であれば申込を解除し別の物件の検討も可能になり、この点をふまえてアドバイス致します。)ため、サービス名称を分けております。

契約後のインスペクションでも原則、無料にて補修を求めることは可能ですが、おすすめの実施タイミングは「お申込後・契約前」を推奨いたします。

サービス料金

(基本コース)

オプションサービスなし

60,000円(税込66,000円)

調査報告シートサンプルはこちら

基本コースでは、宅地建物取引業法に規定された基本調査である「建物状況調査(調査項目はおおよそ40程度)」に加え、より広範囲における調査、内覧会への同行、重大な不具合調査、アドバイスもさせていただきます(簡易報告書付き)。

  • 調査時間3時間程度(建物・土地面積による)
  • 検査項目7箇所、詳細には100項目以上
  • お支払い銀行振込・クレジットカード (※お支払いはサービスご利用後)

オプションサービス

迷った場合はこちらがおススメ!

おまとめパック

基本コースに「特に効果的」な
オプションを追加したプランです
詳しい説明を見る

プラチナコース5オプション付属

建物も念入りに、災害リスクもしっかりと調べておきたい方は・・・

床下・屋根裏にホームインスペクター(住宅診断士)が進入して建物の総点検を実施し、指摘箇所があった場合には後日手直しの状況確認にも伺います。さらに、災害の専門家がピンポイントで災害リスクを評価しカルテを発行いたします。
不動産総合コンサルティング企業のさくら事務所だからこそできる、業界初の安心フルサポートパックです。

ゴールドコース3オプション付属

ご利用者数ナンバー1人気!パックです

通常の生活で目にする範囲の基本コースだけでなく、床下・屋根裏へインスペクターが進入し水漏れや雨漏れ、金具の取り付け不具合などの点検をします。住宅診断の王道です。

シルバーコース2オプション付属

料金ひかえめ効果的!な調査をご希望の方は・・・

通常の生活で目にする範囲の調査に加え、床下は点検口から進入してくまなく調査します。床下は水漏れや基礎のヒビなど多くの情報が詰まっているので、くまなく調査することをオススメします。

  • 床下・屋根裏に進入できない場合は現地でキャンセルとさせていただきます。キャンセル料は不要です。

プラチナコース5オプション付属

建物も念入りに、災害リスクもしっかりと調べておきたい方は・・・

床下・屋根裏にホームインスペクター(住宅診断士)が進入して建物の総点検を実施し、指摘箇所があった場合には後日手直しの状況確認にも伺います。さらに、災害の専門家がピンポイントで災害リスクを評価しカルテを発行いたします。
不動産総合コンサルティング企業のさくら事務所だからこそできる、業界初の安心フルサポートパックです。

ゴールドコース3オプション付属

ご利用者数ナンバー1人気!パックです

通常の生活で目にする範囲の基本コースだけでなく、床下・屋根裏へインスペクターが進入し水漏れや雨漏れ、金具の取り付け不具合などの点検をします。住宅診断の王道です。

シルバーコース2オプション付属

料金ひかえめ効果的!な調査をご希望の方は・・・

通常の生活で目にする範囲の調査に加え、床下は点検口から進入してくまなく調査します。床下は水漏れや基礎のヒビなど多くの情報が詰まっているので、くまなく調査することをオススメします。

  • 床下・屋根裏に進入できない場合は現地でキャンセルとさせていただきます。キャンセル料は不要です。

※指摘事項の箇所数等により料金が異なります

本サービスのメリット詳細

  • 契約前であれば「欠陥住宅」「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを減らせる
  • 建物に問題がないか、100項目を超える独自のチェックリストに基づく高レベルな検査精度で専門家がチェックし、入居後に発生しうるトラブルを未然に防げ、安心感が増す
  • 物件価格のわずか0.2%程度でリスクヘッジができる
    例)物件購入価格が3,300万円(税込)の場合、66,000円(税込)÷3,300万円(税込)=0.2%
  • 売主側の主張が正しいか、ホームインスペクターが判断してくれる
  • 補修個所・改善点について売主に指摘や確認をしてもらえる
    ホームインスペクターが同行することで、業者側の対応も違い、判断基準が明確かつ公平・公正になる。
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づく、買い手側の立場で見た報告・アドバイスを受けられる
  • ご依頼者と売主の今後の関係に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる
    客観的な数値と常識的な判断で交渉を行なうため、関係を損なうことなく対応・説明を求めることが可能。
  • 生活上考えうる音や臭い、設備機器類に関するアドバイスを受けられる
  • 構造、設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかる
  • オプションの写真付き詳細報告書は資産価値維持の「住宅履歴書」として活用できる
    サンプルはこちら
  • お子様とご一緒でも、施工のチェックはホームインスペクターが行うので、ゆっくり家の中を見てまわれる
  • 多くのハウスメーカー&ビルダーの住宅診断を行ってきた実績
    三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、住友林業、飯田産業、ミサワホーム、セキスイハイム、オープンハウス、木下工務店、伊藤忠ハウジング、タカラレーベンなど これまで住宅診断を行った実績はコチラ
  • 契約前であれば「欠陥住宅」「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを減らせる
  • 建物に問題がないか、100項目を超える独自のチェックリストに基づく高レベルな検査精度で専門家がチェックし、入居後に発生しうるトラブルを未然に防げ、安心感が増す
  • 物件価格のわずか0.2%でリスクヘッジができる
    例)物件購入価格が3,300万円(税込)の場合、66,000円(税込)÷3,300万円(税込)=0.2%
  • 売主側の主張が正しいか、ホームインスペクターが判断してくれる
  • 補修個所・改善点について売主に指摘や確認をしてもらえる
    ホームインスペクターが同行することで、業者側の対応も違い、判断基準が明確かつ公平・公正になる。
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づく、買い手側の立場で見た報告・アドバイスを受けられる
  • ご依頼者と売主の今後の関係に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる
    客観的な数値と常識的な判断で交渉を行なうため、関係を損なうことなく対応・説明を求めることが可能。
  • 生活上考えうる音や臭い、設備機器類に関するアドバイスを受けられる
  • 構造、設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかる
  • オプションの写真付き詳細報告書は資産価値維持の「住宅履歴書」として活用できる
    サンプルはこちら
  • お子様とご一緒でも、施工のチェックはホームインスペクターが行うので、ゆっくり家の中を見てまわれる
  • 多くのハウスメーカー&ビルダーの住宅診断を行ってきた実績
    三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、住友林業、飯田産業、ミサワホーム、セキスイハイム、オープンハウス、木下工務店、伊藤忠ハウジング、タカラレーベンなど これまで住宅診断を行った実績はコチラ

使用機材・チェック項目

  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)
  • オートレーザー

    オートレーザー

    水平精度・垂直精度を素早く計測
    縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
    縦軸の光を基準にすることで壁の倒れを確認します。
    また、横軸の光を基準に床までの距離を測ることにより床の傾きを正確に把握することが可能です。

  • 電気抵抗式木材水分計

    電気抵抗式木材水分計

    一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
    木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
    含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。

  • 精密水平器

    精密水平器

    キッチンカウンター、階段は水平器を使用して精度をはかります。

  • スケール

    スケール

    ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付

  • 脚立

    脚立

    懐中電灯

    懐中電灯

    チェックシート

    チェックシート

  • 屋外屋外

    屋外

    基礎:ひび割れ、著しい欠損、鉄筋の露出、浮き、剥がれ、蟻道 外壁:ひび割れ、欠損、浮き、剥がれ、チョーキング、隙間、腐食、白華 シーリング材:ひび割れ、剥がれ 屋根:ひび割れ、欠損、剥がれ、変色やコケの発生、腐食、隙間、ずれ、錆び、浮き、雨漏り 雨樋:破損、著しい変色、つまり、はずれ、ひび 軒裏:ひび割れ、欠損、ひび割れを伴う浮き、剥がれ、雨漏り、腐食 バルコニー:防水層の破断、支持部分の欠損・腐食、床の沈み・欠損・腐食等、手すりのぐらつき・腐食等 サッシ:周囲の大きな隙間、面格子ぐらつき・サビ・腐食、転落防止用手すり(窓手摺りなど)のぐらつき・支持部分の腐食等 シャッター・雨戸・網戸:動作不良 外部階段:構造体や支持部の欠損、取り付け部の破損、踏面の腐食・破損、転落防止用手すりのぐらつき・支持部分の腐食等
  • 室内

    室内

    壁・柱・梁(室内に面する部分)・壁面:仕上げの剥れ・腐食・カビ・欠損・浮き・剥れ・ひび割れ 床:剥れ・腐食・カビ・染み・めくれ・変色・著しい磨耗・ひび割れ・浮き 天井壁紙等:剥れ・亀裂・腐食・カビ・ひび割れ・欠損 階段:著しい沈み・きしみ・踏み面の傾き 建具(室内ドア等):動作不良・反り・変形
  • 床下

    床下

    土台・床組:構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐朽・発錆・木材含有水分率 基礎:立ち上がり部分(屋内・屋外)のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、耐圧盤のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、防湿処置・腐食を伴う著しい隙間等 束:緩み・浮き・腐食・浮き 災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 小屋裏・天井裏

    小屋裏・天井裏

    小屋裏・各階間の天井裏:梁・桁など構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・木材含有水分率(木造の場合) 換気ダクト:接続不良・欠損 災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 設備

    設備

    キッチン:著しい給水量不足、床上の漏水、封水の吸引・噴出し 洗面:著しい給水量不足、床上の漏水 浴室:著しい給水量不足、漏水 トイレ:著しい給水量不足、床上の漏水 給湯機・電気温水器:周辺の漏水・製造年 最終枡(敷地内):著しい堆積物・内部の隙間 換気設備の動作不良、火災報知器設置他
  • 外構

    外構

    門扉・門:動作不良 フェンス:著しい高さの不良 ブロック積・擁壁:著しいひび割れ・欠損 その他:越境物がないか
  • ※傷・汚れの判断は主観により異なるためチェック項目に含まれておりませんが、気付いたものはお知らせいたします。ご依頼者様にて判断にお困りのことがあればアドバイス致します
    ※高所の確認は、1.2メートル程の脚立を使用して安全に確認出来る範囲となります。あらかじめご了承くださいませ
    ※耐震性や構造の妥当性などは確認できません
    ※外構は敷地面積100m2程度の場合に限ります
  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)
  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)
  • オートレーザー

    オートレーザー

    水平精度・垂直精度を素早く計測
    縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
    縦軸の光を基準にすることで壁の倒れを確認します。
    また、横軸の光を基準に床までの距離を測ることにより床の傾きを正確に把握することが可能です。

  • 電気抵抗式木材水分計

    電気抵抗式木材水分計

    一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
    木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
    含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。

  • 精密水平器

    精密水平器

    キッチンカウンター、階段は水平器を使用して精度をはかります。

  • スケール

    スケール

    ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付

  • 脚立

    脚立

    懐中電灯

    懐中電灯

    チェックシート

    チェックシート

  • 屋外屋外

    屋外

    基礎:ひび割れ、著しい欠損、鉄筋の露出、浮き、剥がれ、蟻道 外壁:ひび割れ、欠損、浮き、剥がれ、チョーキング、隙間、腐食、白華 シーリング材:ひび割れ、剥がれ 屋根:ひび割れ、欠損、剥がれ、変色やコケの発生、腐食、隙間、ずれ、錆び、浮き、雨漏り 雨樋:破損、著しい変色、つまり、はずれ、ひび 軒裏:ひび割れ、欠損、ひび割れを伴う浮き、剥がれ、雨漏り、腐食 バルコニー:防水層の破断、支持部分の欠損・腐食、床の沈み・欠損・腐食等、手すりのぐらつき・腐食等 サッシ:周囲の大きな隙間、面格子ぐらつき・サビ・腐食、転落防止用手すり(窓手摺りなど)のぐらつき・支持部分の腐食等 シャッター・雨戸・網戸:動作不良 外部階段:構造体や支持部の欠損、取り付け部の破損、踏面の腐食・破損、転落防止用手すりのぐらつき・支持部分の腐食等
  • 室内

    室内

    壁・柱・梁(室内に面する部分)・壁面:仕上げの剥れ・腐食・カビ・欠損・浮き・剥れ・ひび割れ 床:剥れ・腐食・カビ・染み・めくれ・変色・著しい磨耗・ひび割れ・浮き 天井壁紙等:剥れ・亀裂・腐食・カビ・ひび割れ・欠損 階段:著しい沈み・きしみ・踏み面の傾き 建具(室内ドア等):動作不良・反り・変形
  • 床下

    床下

    土台・床組:構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐朽・発錆・木材含有水分率 基礎:立ち上がり部分(屋内・屋外)のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、耐圧盤のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、防湿処置・腐食を伴う著しい隙間等 束:緩み・浮き・腐食・浮き 災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 小屋裏・天井裏

    小屋裏・天井裏

    小屋裏・各階間の天井裏:梁・桁など構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・木材含有水分率(木造の場合) 換気ダクト:接続不良・欠損 災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡
  • 設備

    設備

    キッチン:著しい給水量不足、床上の漏水、封水の吸引・噴出し 洗面:著しい給水量不足、床上の漏水 浴室:著しい給水量不足、漏水 トイレ:著しい給水量不足、床上の漏水 給湯機・電気温水器:周辺の漏水・製造年 最終枡(敷地内):著しい堆積物・内部の隙間 換気設備の動作不良、火災報知器設置他
  • 外構

    外構

    門扉・門:動作不良 フェンス:著しい高さの不良 ブロック積・擁壁:著しいひび割れ・欠損 その他:越境物がないか
  • ※傷・汚れの判断は主観により異なるためチェック項目に含まれておりませんが、気付いたものはお知らせいたします。ご依頼者様にて判断にお困りのことがあればアドバイス致します
    ※高所の確認は、1.2メートル程の脚立を使用して安全に確認出来る範囲となります。あらかじめご了承くださいませ
    ※耐震性や構造の妥当性などは確認できません
    ※外構は敷地面積100m2程度の場合に限ります
  • 使用する標準機材
  • チェック項目
    (チェックリストの一部を抜粋)

 

実際に見つかった施工ミス・不具合事例

経験豊富な施工会社・職人といっても、人の手が介する所には、施工忘れや法律・基準に基づかない施工ミスが見つかることは珍しくありません。「手抜き工事がされていないか心配…」という方は、調査を入れることで安心して引き渡しを受けられます。

  • 浴室天井裏の換気扇配管忘れ

    浴室天井裏の換気扇配管忘れ

    浴室天井裏の換気扇配管忘れ

    換気扇の機械に本来施工されるはずの配管(ダクト)がなく、外壁の管がぽっかり空いていました。
    機械と外壁の管がダクトで繋がれ、浴室に充満した蒸気を屋外に吐き出すようにしなくてはいけません。
    知らないまま住んでいたら、天井裏が蒸気の影響でカビだらけになるところでした。

  • 床下の水漏れ

    床下の水漏れ

    床下の水漏れ

    床下収納庫の容器を外したところです。給水管から少量の水が漏れ出していました。
    生活の中で床下収納庫の容器を外すことはあまりなく、気づかないままであれば無駄な水道代がかかるとともに、床下が多湿になることでシロアリが発生しやすくなる可能性がありました。

  • 床下断熱材の外れ

    床下断熱材の外れ

    床下断熱材の外れ

    床下詳細調査で、本来は床の裏側にぴったりくっついているべき断熱材がはずれてしまっているところが何か所も見つかりました。
    断熱材がくっついていなければ、ここから夏は冷房の冷気が逃げ、冬は暖房の熱が逃げるとともに外の冷気が床から伝わってきてしまいます。
    気づかなければ、光熱費を無駄に支出する可能性がありました。

  • ツーバイフォーの耐力壁の固定間違い

    ツーバイフォーの耐力壁の固定間違い

    ツーバイフォーの耐力壁の固定間違い

    ツーバイフォー工法では、耐力壁という建物を支える壁が揺れで簡単に外れないよう、しっかり固定するために釘(ビス)の間隔が決められています。
    抜粋した壁で釘の位置にマグネットをくっつけて調べたところ、規定より釘の間隔が大きい壁が多数発覚。調べなければ間違いに気づくことは極めて困難な施工間違いでした。

インスペクションを入れるベストタイミングは?

  • 完成済み
  • 建築途中
  • 建築前

完成済みの新築住宅の場合、本来は、万がいち不具合や欠陥があった場合に、購入中止ができる「申し込み後・契約前」のタイミングをでご利用するのがおすすめです。

申し込み後・契約前のタイミング

ただし注意点として、この時点では「売主は契約をしない権利」があり、その後の物件契約自体を断られるケースもまれにあります。そのため、「物件の選定が完全に終わっている方」や「契約後にホームインスペクションの存在を知った方」は「契約後・引き渡し前」のタイミングでの ご利用でも問題ございません。

契約後の利用でも、引渡し(入居)前までに調査が完了すれば、「アフターサービス保障」の活用で、最大10年間は欠陥・不具合についての補修を無償で受ける(※添付PDF参照)ことできます。もし、調査のタイミングでお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。

建売住宅は完成前からの販売が一般的ですが、建築途中の方の場合、本来施工ミスを防ぐ最も良いタイミングである工事中から、漏れのない検査をするための新築工事チェック(建築途中検査)サービスのご利用をおすすめいたします。

建築途中検査を行うことで、柱や梁など建物の耐震上で重要な構造や断熱などの完成後には見えなくなる部分の調査ができるため、より高い精度で不具合の目を摘んでいくことができます。
※設計や間取りの悩み事なども、無料でご相談いただけます。

まだ建築前の場合は、工事が始まっていないため、余裕を持ってインスペクションを検討できます。そのため、本来施工ミスを防ぐ最も良いタイミングである工事中から、漏れのない検査をするための新築工事チェック(建築途中検査)サービスのご利用がおすすめとなります。

建築途中検査を行うことで、柱や梁など建物の耐震上で重要な構造や断熱などの完成後には見えなくなる部分の調査ができるため、より高い精度で不具合の目を摘んでいくことができます。
※設計や間取りの悩み事なども、無料でご相談いただけます。

お申し込み手順

お申し込み手順
  • Step1お申し込み

    サービスのお申し込みフォームまたは、お電話(050-1745-3309)からお願いいたします。

    空き状況確認や、ちょっとしたご質問ならLINEからもお問い合わせいただけます。

    キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

  • Step2受付完了連絡

    さくら事務所より「受付完了」通知の連絡をいたします。

    この後の流れや必要書類のお知らせを含んだ、申込み確定のお返事をお送りいたします。
    フォームからは受付完了メールを送信しますので、この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

  • Step3必要書類の送付・不動産会社への連絡

    平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします。
    調査参考資料一覧をご参照ください

    売主様、不動産会社等への本サービスの説明はこちらの書類が便利です。
    ホームインスペクションのご説明

  • Step4担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

    調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます。

  • Step5現地にて調査

    調査結果については当日、現地でお知らせいたします。

    ※調査結果の指摘事項をもれなくお伝えするため、施工現場ご担当者様に同席していただきたいと考えております。お立会いは調査終盤の1時間程度いただければ大丈夫です。ご同席が難しい場合はご相談ください。
    新築一戸建て内覧会(竣工検査)立会い当日の流れ

  • Step6報告シート

    調査終了後、報告シートをお渡しします。

    オプションの写真付き詳細報告書をご選択された場合は調査日の4日後、報告シートを送信します。
    (PDFファイルをメール添付で。ご希望者には書面送付)

  • Step7質疑応答

    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

  • Step8料金のお支払い

    調査終了後、ご請求についてご案内をいたします。

    または写真付き詳細報告書が到着後、7日以内にお願いいたします。
    ※クレジットカード決済を選択されたお客様には、写真付き詳細報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

  • Step9アフターフォロー

    さくら事務所では、お電話・メールによるご相談などの「アフターフォロー」をお約束しております。

    アフターフォロー」の詳細はこちらをご覧ください

お申し込み手順
  • Step1お申し込み

    サービスのお申し込みフォームまたは、お電話(050-1745-3309)からお願いいたします。

    空き状況確認や、ちょっとしたご質問ならLINEからもお問い合わせいただけます。

    キャンセル料の規定はこちらをご覧ください

  • Step2受付完了連絡

    さくら事務所より「受付完了」通知の連絡をいたします。

    この後の流れや必要書類のお知らせを含んだ、申込み確定のお返事をお送りいたします。
    フォームからは受付完了メールを送信しますので、この時点で正式に「お申し込み完了」となります。

  • Step3必要書類の送付・不動産会社への連絡

    平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします。
    調査参考資料一覧をご参照ください

    売主様、不動産会社等への本サービスの説明はこちらの書類が便利です。
    ホームインスペクションのご説明

  • Step4担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

    調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます。

  • Step5現地にて調査

    調査結果については当日、現地でお知らせいたします。

    ※調査結果の指摘事項をもれなくお伝えするため、施工現場ご担当者様に同席していただきたいと考えております。お立会いは調査終盤の1時間程度いただければ大丈夫です。ご同席が難しい場合はご相談ください。
    新築一戸建て内覧会(竣工検査)立会い当日の流れ

  • Step6報告シート

    調査終了後、報告シートをお渡しします。

    オプションの写真付き詳細報告書をご選択された場合は調査日の4日後、報告シートを送信します。
    (PDFファイルをメール添付で。ご希望者には書面送付)

  • Step7質疑応答

    ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

  • Step8料金のお支払い

    調査終了後、ご請求についてご案内をいたします。

    または写真付き詳細報告書が到着後、7日以内にお願いいたします。
    ※クレジットカード決済を選択されたお客様には、写真付き詳細報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

  • Step9アフターフォロー

    さくら事務所では、お電話・メールによるご相談などの「アフターフォロー」をお約束しております。

    アフターフォロー」の詳細はこちらをご覧ください

ご利用者様の声

  • 特に高額取引においてはどうしても慎重にならざるを得ないのが心情と思いますが、私はとても臆病なので結局、建売でも注文でも買おうとしているものについて自分ひとりでは信用することはできなかったと思います。さくら事務所さんという独立した第三者のプロの目で診断していただけたこと、またその方々が本当に素晴らしい人たちであったこと、自分が偶然にもそういう会社と関わりを持てたことは幸運だったと思います。
    今後、建物についての調査が必要になったときは必ずさくら事務所さんにお願いすることでしょう。もし、まわりで建物について悩んでいる方がいたら、迷わず勧めます。今後も、ホームインスペクションのリーディングカンパニーとして頑張ってください。他社は知りませんが、さくら事務所さんが一番だと思います。
    本当にありがとうございました。
  • どの方も大変親切で、参考になるアドバイスを沢山下さり本当に感謝しています。迷っている事について的確にアドバイス頂き、当時悩んでいた事がクリアになりスッキリした気持ちで、購入に向け前に進む事ができました。
    また、現地で教えて頂いた事は本当にどれもこれも為になる事ばかりで、驚きの連続でした。本当に来ていただいてよかったと感謝しております。
    おかげさまで安心して、気持ちよく物件の購入に進ませて頂いております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
  • 素人では分からない点(家の傾き、基礎/屋根裏の状態etc)について調べていただき、物件の購入の可否判断ができたことが本当に助かりました。
    また、購入後のリフォームに向けたアドバイス(風呂の断熱、外壁の状態etc)をいただけた事も参考になりました。
  • 申込前の問い合わせから最後まで、とても迅速丁寧に対応いただいて本当に助かりました。(本当に助けられました~。) マイホーム購入時の不安、心配、多忙、数々のストレスをさくら事務所の方々に癒していただきました。話しやすい、質問しやすい雰囲気がとても良かったです。「永年アフターフォロー」ってさくら事務所らしくて心強いです。
  • 貴社とご縁があって、本当によかったです。竣工検査後の質問にも担当の方は丁寧にわかりやすくご回答くださいました。安心して新しい家に住むことができます。ありがとうございます!あと、素人には気づかない所や、見ることはしないであろう所(小屋裏、床下)も微細に点検して不良箇所を見つけていただき、感動しました。
    そのおかげで売主(建設会社)も引き渡し前に改善できるところは改善してくれました。
  • どの方も大変親切で、参考になるアドバイスを沢山下さり本当に感謝しています。迷っている事について的確にアドバイス頂き、当時悩んでいた事がクリアになりスッキリした気持ちで、購入に向け前に進む事ができました。
    また、現地で教えて頂いた事は本当にどれもこれも為になる事ばかりで、驚きの連続でした。本当に来ていただいてよかったと感謝しております。
    おかげさまで安心して、気持ちよく物件の購入に進ませて頂いております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
  • 素人では分からない点(家の傾き、基礎/屋根裏の状態etc)について調べていただき、物件の購入の可否判断ができたことが本当に助かりました。
    また、購入後のリフォームに向けたアドバイス(風呂の断熱、外壁の状態etc)をいただけた事も参考になりました。
  • 申込前の問い合わせから最後まで、とても迅速丁寧に対応いただいて本当に助かりました。(本当に助けられました~。) マイホーム購入時の不安、心配、多忙、数々のストレスをさくら事務所の方々に癒していただきました。話しやすい、質問しやすい雰囲気がとても良かったです。「永年アフターフォロー」ってさくら事務所らしくて心強いです。
  • 貴社とご縁があって、本当によかったです。竣工検査後の質問にも担当の方は丁寧にわかりやすくご回答くださいました。安心して新しい家に住むことができます。ありがとうございます!あと、素人には気づかない所や、見ることはしないであろう所(小屋裏、床下)も微細に点検して不良箇所を見つけていただき、感動しました。
    そのおかげで売主(建設会社)も引き渡し前に改善できるところは改善してくれました。

業界No.1!さくら事務所が選ばれる理由

さくら事務所は1999年、いかなる金融機関・事業会社とも資本関係を持たない「中立・公正」な立場として、国内で初めて『個人向け不動産コンサルティングサービス』をスタートしました。

創業当時、住宅診断の認知度はほとんどいない状況でしたが、今では年間3,000件以上、累計58,000件(満足度は実に98%)を超える方々にご利用いただくまでになり、非常にたくさんの方から有難い評価をいただいております。(※Google口コミ同業比較 No.1《2021年12月時点》


●厳しいトレーニングをくぐり抜けた精鋭インスペクター(住宅診断士)が対応

お客様の対応は、調査技能はもちろん、ご依頼者様への的確なアドバイス力・ホスピタリティや使命感を兼ね備えた建築士。調査実績3,000件超を誇るベテランインストラクターによる徹底指導と、ハイレベルな考査をクリアした者のみがデビューし、「座学講習を1日受けただけで診断を行う建築士」とは一線を画しています。

●不動産・建築、複数の専門家がチーム対応するからこその「安心・スピード」

「宅地建物取引士」「マンション管理士」など、建築士以外の国家ライセンス保有者が在籍し、建物以外にも契約やマンション管理など幅広いご相談対応・フォローが可能なのは、さくら事務所ならではです。迅速かつ丁寧に行える本部体制を日々整備しているため、お問い合わせから当日までをお待たせすることはございません。

●国際規格の品質管理を継続(ISO9001)

さくら事務所では、2014年に品質マネジメントの国際規格「ISO9001」認証を取得。組織体制だけでなく、業務品質を改善し続けた結果、良質なサービスを継続的に提供する仕組みが客観的に認められました。また、個人向けインスペクションを提供している企業の中でISO取得は当社だけとなっております(2021年12月時点)。

”利用してよかった”とご満足いただけるサービスをお届けするため、「ISO9001(2015年版)」の認証を受け続けています。

●日本のホームインスペクション(住宅診断)をつくりあげてきたパイオニア

「日本の住宅は新築時がもっとも高く、およそ10年で半値、25年程度でほぼ価値ゼロに」という不動産常識を改革するため、1999年に不動産コンサルタント長嶋修が設立したさくら事務所。

先進国ですでに常識だったホームインスペクション(住宅診断)を日本にローカライズし、普及活動や建築士の育成に取り組んできたリーディングカンパニーです(NPO法人日本ホームインスペクターズ協会も設立)。国土交通省をはじめとする委員会、テレビ出演・メディア掲載や出版・講演も非常に多く、各方面からご信頼いただいています。


ご利用者様アンケートはこちら

契約後に調査を入れる場合のデメリット

  • 入居後に建物の不具合が発生し、生活に支障が出る
  • 残金を支払い、引き渡し後、建物の問題について売主の対応が遅い、不誠実であるなど真摯な対応をしてくれない
  • 入居後に生じた問題は責任の所在があいまいになりがち
  • 補修工事のために、平日に立ち会う必要がある、家具を移動させる必要があるなどの不都合が生じる

本サービスの注意事項

  • 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます。
  • 別途交通費・出張費の発生するエリアがあります。 交通費エリアについてはこちらをご参照ください
  • 以下の場合は、別途お見積もりとさせていただきます ⇒ 『建築中』『延床面積125m2以上』『各階床面積80m2以上』『地上、地下合わせ4階超』『2世帯住宅や全部・一部賃貸住宅』『店舗併用住宅』『特定のトラブルがある』お見積もりお問い合わせフォームにてご確認ください
  • さくら事務所の各種サービスのお支払いは、クレジットカード決済がご利用可能です。
    ご利用可能なクレジットカードはこちらをご参照ください。
  • サービス満足度および調査時のご利用率はご利用者様アンケートの回答結果となります。

よくあるご質問(FAQ)