自分でできる!マンションのセルフチェックポイント

マンションは「建物の状態を知るなんて素人ではできない」「大きなマンションを検査するなんて、プロしかできない」と思われがち。

もちろん、ひび割れなどの原因や症状の診断をするとなるとプロの領域ですが、その症状の有無をチェックするまでは自分でも簡単にできます。
一般の方でもできるチェックのいろはを説明します。

自分でできるチェックポイント

まずは、自宅玄関から始めずに敷地の外側になどからマンション全体を改めて見てみましょう。

●鉄骨の露出

鉄骨の露出

外壁等にこんな部分はありませんか? これは鉄筋の露出といって本来コンクリートの中に入っていて見えない鉄筋が外に出てしまっている様子です。写真は明らかに施工不良が原因です。適切に施工されていれば築20年程度でもこのような症状にはなりません。

このまま放置すると、建物の耐震性の影響を及ぼす場合もありますので、見つけたら必ず写真を撮って位置を記録しておきましょう。

 

●バルコニーのさび汁

バルコニーのさび汁

バルコニーを見上げてみてください。鉄筋のさび汁が出ていませんか?これを放置するとやがて最初の画像ような状態になります。

 

●外壁面のひび割れ

外壁面のひび割れ

外壁面をチェックすると、このような明らかなひび割れが見つかることがあります。この状態まま放置しておくと、ここから雨水が入り最初の写真のようにいつか鉄筋が露出してしまう可能性が高いといえる症状です。

 

●鉄部の腐食

鉄骨の腐食

廊下で見つかった手すり付け根のコンクリートの中にある鉄部がさびていた例です。コンクリート部分にひび割れを起こしており、放置するとひび割れが大きくなりやがてはがれます。すると他の鉄筋まで露出してしまい、悪循環が始まってしまうというケースもありますので、気を付けてチェックしましょう。

 

●白華現象(エフロレッセンス)

エフロレッセンス

白華現象(エフロレッセンス)とは、コンクリート内部やタイル面の裏側に雨水等が入った外に出た時に白く現れるものです。エフロレッセンスがあるということは、ひび割れがあり、その部分から雨水が入っているといえます。

 

不具合を発見したら記録をしよう!

鉄筋コンクリートのマンションをチェックポイントまとめると、以下のようになります。

  • ひび割れ
  • しみ
  • 白華(エフロレッセンス)

これらがわずかにでも見つかった場合は、全体的なチェックをおすすめします。

事象を見つけたらその状態を記録しましょう。全てのチェックの方法は「見て触って測る」です。その結果を写真にとり、状態や位置、ひび割れなら幅と長さなどを簡単にメモ撮っておくと良いでしょう。

●用意できるとよい道具
クラックスケール(ひびの幅を調べる小さなカードのような機器)、スケール(メジャー)、双眼鏡(単眼鏡)

 

*** マンションセルフチェックの際の注意点 ***
この方法は普段から見ている場所でもより注意深く見るようにするということからご自宅マンションの本当の状態を知っていただくためのものですが、慣れない場所をチェックする場合は十分注意してください。無理なチェックは大けがのもとです。屋上に関しても手すり等がない部分への立ち入りは危険なのでやめましょう。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 自宅マンション点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。