ホームインスペクターが伝授!一戸建てのセルフチェックポイント

家の外まわりや屋根裏、床下などは、普段あまり見ることのない場所ですよね。お掃除ついでに、こういった場所をチェックすると不具合箇所が見つかることが。

小さな不具合でも放置しておくと危険な状態になり、いざ修繕しようとすると費用がかさむ場合もあります。

そこで、住宅のスペシャリストであるホームインスペクター(住宅診断士)が、
一戸建てのならではの点検ポイントを伝授します!

外壁や基礎コンクリート立ち上がり部分

  • ひび割れがないかチェックしましょう。染みや変色があるかも確認を。

一戸建て_基礎

 

<ホームインスペクターからのアドバイス>

特に0.5mm以上ひびには注意が必要です。確認方法は簡単。身近にあるシャープペンシルの芯を、ひびにいれてみてください。すっと入ってしまえば0.5mm以上あると言えます。
そのままにしておくと雨水などが入りこみ、内部の大切な構造躯体に影響を及ぼす可能性もあります。早めに発見をし、専門の業者に補修を依頼することをおすすめします。

雨どい

  • 雨どいが割れていたり、外れていたりしていませんか?

一戸建て_雨樋

<ホームインスペクターからのアドバイス>

壊れていたら補修を依頼しましょう。
また、植物が絡まっていたり、落ち葉が溜まっていたりしたら片付けをしましょう。
雨どいに落ち葉などが溜まっていると、雨水が外壁をつたって家のダメージ(腐食)の原因になることもあります。

屋根裏や床下

  • 染みや変色、かび臭いにおいはあるかどうかを確認しましょう

一戸建て_屋根裏や床下

 

<ホームインスペクターからのアドバイス>

染みなどが年輪のようにあったら数回にわたって雨漏りや漏水をした可能性があります。
痕跡を見つけたら専門家にみてもらいましょう。

 

いかがでしたか? 修繕費をおさえながら資産価値を維持するためにも、不具合は早めに発見し、メンテナンスを心がけたいものです。

ご自身でのチェックや不具合の判断が難しい場合は、ホームインスペクション(住宅診断)の利用を検討なさるのも、ひとつの手です。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 自宅一戸建て点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。