ホームインスペクションの診断項目と当日の流れ

  • Update: 2020-10-03
ホームインスペクションの診断項目と当日の流れ

中古住宅取引時に説明義務化、インスペクションとは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場からまた専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

ホームインスペクションの普及率日本でも2018年4月から、中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されました。つまり、宅建事業者は「中古住宅の媒介契約時、売買契約前の重要事項説明時などにおいて、建物がホームインスペクションを受けた履歴があるか?実施する意向はあるか?」を確認する必要がある、ということです。

では、実際のホームインスペクション(住宅診断)はどのようなものなのでしょうか?
それにより、どのようなことがわかるのでしょうか?

実際のホームインスペクションで行われること

ホームインスペクションの診断項目

実際のホームインスペクションでは、以下のような内容を調査・診断します。

  • 著しい建物の傾き
  • 不同沈下している可能性
  • 継続していると思われる雨漏りの形跡
  • 著しい施工不良の有無
  • 構造耐力上主要な部分の著しい損傷
  • 躯体の腐食・変形の有無
  • 屋内給排水管の著しい劣化、漏水やその形跡
  • 詳細な調査を行う必要のある箇所の有無

調査項目や報告書の内容は各住宅診断会社により異なり、さくら事務所の場合は以下の項目を調査・診断しております。

ホームインスペクションの調査項目(※さくら事務所の場合)

調査項目(一部)
外周り 基礎(屋外に面する部分)
外壁仕上げ
屋根
軒裏
雨樋
バルコニー(陸屋根)
外部に設置された金物等
室内 壁・柱及び梁のうち屋内に面する部分
天井
階段
開口部等(サッシ・建具)
床下 土台及び床組・束
基礎(戸建てのみ)/床下面
天井裏
屋根裏
梁・桁・小屋組・野地板(下屋を含む)
各階間の天井裏
設備 給水設備
給湯設備
排水設備
換気設備
住宅用火災警報器など
その他

※オプションの有無や戸建て・マンションかによって当日の調査項目は変わります。

具体的には、一戸建であれば、基礎や外壁などのひび割れ、建物の傾き、床下の水漏れ、シロアリの被害、屋根裏の雨漏り、換気扇など設備の動作確認などです。

所要時間は、戸建てで3時間(屋根裏・床下の詳細調査をご希望の場合はプラス1~2時間)、マンションで2時間ほどを見ておくといいでしょう。

上記の調査項目は、さらに細かいチェック項目にわかれます。例えば「基礎」であれば、ひび割れ、著しい欠損、鉄筋の露出、浮き、剥がれ、蟻道。「外壁」であれば、ひび割れ、欠損、浮き、剥がれ、チョーキング、隙間、腐食、白華などです。

さくら事務所では、合計100項目を超える独自のチェックリストを基に、建築士の資格を持った専門家が調査を行います。

ホームインスペクション当日の流れ

1.依頼主様と診断する物件で待ち合わせ

診断させていただく物件で、調査予定時刻に依頼主様と待ち合わせをします。

調査予定時刻に診断物件で待ち合わせ

2.当日の流れをご説明

ご挨拶をさせていただき、当日の流れや所要時間などを簡単にご説明させていただきます。

ホームインスペクション当日の流れをご説明

3.住宅診断開始!

まずは外周りから診断を開始し、確認が終わると室内の診断をしていきます。

外回りの住宅診断

室内の住宅診断

一戸建てのオプションで、床下や屋根裏調査をご希望いただいた場合は、床下の確認や屋根裏の調査をします。

屋根裏調査オプション

4.報告書をお渡し

当日の調査内容のご説明や、ご質問などにお答えします。

調査内容のご説明

当日お渡しする報告のサンプルは、下記PDFよりご覧いただけます。

ホームインスペクション報告書のサンプル

欠陥住宅を購入しないために

購入前に建物のコンディションを確認し、「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」を購入しないために、ホームインスペクションの活用をご検討ください。

関連リンク
ホームインスペクション費用の相場はいくらくらい?
ホームインスペクションのベストタイミングはいつか?
新築でもホームインスペクションは必要か?