被害を最小限に!地震が起きたらここをチェック

今日で熊本地震から1年が経ちました。

多くの建物の被害を目にし、住まいの耐震性への関心も高まったようです。 さくら事務所にも震災直後は、住まいの耐震性へのご相談、耐震リフォームについてのご相談などが増えました。

とはいえ、耐震性の高い家に引っ越したり、今の住まいで耐震リフォームができればベストですが、誰もが今すぐできるものではありません。

まず今知っておくべきは、「この住まいで地震にあったとき、被害を最小限に抑えるためにどこをチェックすればいいか?」ということです。

そこで今回、実際に地震が起きてしまった際に点検すべき自宅のチェックポイントをまとめました。

戸建て編

戸建てのチェックポイント
1 .建物周辺の土にぬかるんだところはありませんか? 

雨が降ったわけでもないのに地面がぬかるんでいる場合、地中の給水管などが破損して水漏れを起こしている可能性も。設備業者に連絡しましょう。

2 .外壁が傾いたり膨らんだり、変形していませんか?

変形している場合、建物の傾きを調べる必要があります。ひび割れから雨漏りが発生することも。

3 .外壁や基礎に大きいひび割れが複数入っていませんか?

部分的に過剰な力がかかったり、建物が傾いてしまった可能性が。 致命的な場合は補修の検討が必要です。

4 .室内の壁面に長いひび割れが複数ありませんか?

部分的に過剰な力が掛かった可能性があります。補修が必要になるかもしれません。

5 .窓が動きづらくなったところはありませんか?

建物が変形すると、急に窓の開け閉めがしづらくなることがあります。 複数個所で開け閉めしづらいような場合は、建物が変形している可能性も。プロに傾きを調べてもらいましょう。

6 .床下が湿っぽくなっていませんか?

給水管や排水管の水漏れが原因かもしれません。給水管の水漏れは、給水の元栓を閉めます。排水管の水漏れは、漏れている管につながっている器具を使わないようにします。設備業者に連絡し、点検と修理を依頼しましょう。

マンション編

マンションのチェックポイント

1 .外壁タイルが広範囲で剥がれたりしていませんか?

目地が割れたりしていませんか? 何キロもの多数のタイルが剥がれ付近へ落下すれば、大けがにつながる恐れがあります。 建物の点検が必要かもしれません。管理組合への報告もお忘れなく!

2 .外壁に幅が大きく長いひび割れが複数個所に入っていませんか?

ひび割れから雨漏りが発生しやすくなることも。ひび割れのある外壁面に接した住戸は、 それより下の階も含め、雨漏りに注意しましょう。管理組合への報告もお忘れなく! 共用廊下の壁や天井もひび割れが多数発生していないか、歩きながら観察してみましょう。

3 .コンクリートに直接壁紙を貼った壁に長いひび割れが入っていませんか?

複数の住戸でひび割れがあった場合は、 棟単位でどの住戸のどこにひびが入ったのかを調べ、専門家に相談しましょう。 共用部分ではありませんが、これも管理組合に連絡を!

4 .床下が湿っぽくなっていませんか?

給水管や排水管の水漏れが原因かもしれません。洗面台下に点検口がある場合は、蓋を外すと床下を見られる場合があります。 給水管の水漏れは、給水の元栓を閉めます。排水管の水漏れは、漏れている管につながっている器具を使わないようにしましょう。水漏れの可能性が高い場合は設備業者に連絡し、点検と修理を依頼します。

まとめ「早期点検、早期補修が基本!」

ご参考になりましたでしょうか?

ちょっとしたサインを見逃すことで、後々、生活に支障が出たり、補修に後学な費用が掛かるような深刻な不具合になってしまうかもしれません。 被害を最小限に抑え、長く安心してお住まい頂くためにも、「 早期点検、早期補修」を心掛けてほしいものです。

点検してみて気になる箇所があったら、ホームインスペクター(住宅診断士)に依頼しましょう。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 自宅マンション点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

首都圏 自宅一戸建て点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。