壁紙のひどいカビや剥がれ、原因は?

部屋の壁紙が剥がれる原因をご存知ですか?
張り方が悪かったなどの施工不良もたまにありますが、多くは「湿気」が原因です。

ただ剥がれるだけであれば見た目の問題となりますが、ひどい場合は、健康被害にまで影響することもまれにあります。

ここでは、ひどいカビと剥がれが発生した住宅をもとに、原因と対策をご紹介します。


■壁紙が剥がれる原理

湿気が多くなれば壁紙が伸び、少なくなれば壁紙が縮みます。人の目にはわからない程度であっても、日々これを繰り返しているうちに、継ぎ目が大きくなったり、剥がれてくるというわけです。

四季がある日本では、どの住宅でもある程度の湿度変化はあるため、多少の壁紙の隙間や剥がれは致し方ないところがあります。

ですが、カビに関しては、健康に影響が出かねませんから、発生させたくないものです。


■ひどいカビの例

以前、ホームインスペクションで伺った住宅の事例です。

452438

いくら壁紙が湿気の影響を受けやすいとはいえ、ここまで派手に剥がれることは多くありませんので、壁紙の裏側を見てみました。

237354

黒いのはカビです。

最近の壁紙は塩化ビニールなど化学製品で、裏側にこれだけカビが生えていても表側には変化が見られず、表面だけ見ていては気付かないことがあります。

ちなみに、この住宅では、この部屋だけでなく、階数・方角に関わらず何カ所かにわたり、ひどい壁紙の剥がれが見られました。


■ひどい剥がれ

こちらはまだカビは発生していませんでしたが、やはり派手に剥がれていた例です。傾斜地に立つ住宅で、「半地下(一部が地面に接している)」の部屋です。
所有者の方が、押しピンで剥がれた壁紙を固定していました。

43687411


■ひどいカビ・剥がれの原因は

もちろん湿気なのですが、ここまでひどくなるのは雨漏りか、建物の「断熱施工」が足りないこと=結露が多いです。雨漏りは局部的な症状が出ることが多いのに対し、結露は比較的広範囲(複数の部屋など)に症状が見られることが多いです。

ここでは、「断熱不足・結露」について説明します。

住宅はエアコン類を使わなかったとしても、人の熱などにより外気と室温に差が発生します。エアコン類を使えば、その差は更に大きくなります。

すると、外壁に断熱材が適切に施工されていない住宅では、コップの水に氷を入れたときのように壁表面に水滴が付き(結露)、カビが繁殖しやすい環境となるわけです。


■ひどいカビ・剥がれが起きた壁紙、どう対処する?

短期的には、張り替えれば見た目が綺麗になりますが、時間が経てばまたひどい結露が発生します。

ですから、原因を絶つ=温度差を減らすために、壁紙だけでなく下地ボードも解体し、外壁表面に断熱材を施工するのが適切です。

ただし、地下・半地下住戸などは、地上部分より湿気が溜まりがちです。たとえ断熱材が適切に施工されたとしても、湿気そのものも大幅に減らさなくてはいけませんから、除湿機の設置も必要でしょう。


■二度手間にならないよう注意

壁紙が剥がれてきたとき、原因が断熱性不足だと特定しないまま壁紙を張り替えると、また剥がれてきてしまいます。

剥がれが気になるときは、張り替えればまた綺麗になるのか、原因を改善しなくてはいけないのかを考慮してから、リフォームしましょう。

【参考】ホームインスペクション現場実例

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 中古マンションホームインスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

首都圏 中古一戸建てホームインスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。

お役立ちガイド 関連記事