問題アリ?ナシ?一戸建て新築工事中の雨の影響

amehuri

10月は記録的といえるほど雨が多い1ヶ月だったそうです。ウェザーニュースの記事によると、2つの台風の影響もあり、10月はほぼ全国で平年以上の降水量を記録。西日本の広い範囲、また東日本の一部で例年の3倍以上、最も多い所で5倍以上の雨が降ったそうです。

この長雨や台風を受け、一戸建て住宅の工事現場の点検をするサービス新築工事チェックを行うさくら事務所では、工事現場への雨の影響を心配した施主様からのご依頼やお問い合わせが相次いでいます。

お問い合わせの中には、それほど心配しなくていいものもあれば、やり直しが必要なほど深刻な影響を受けたケースも。

そこで今回は、新築工事中に起きる雨の影響について、「〇問題ないもの」と、「×問題あるもの」に分けてご紹介します。

基礎の鉄筋がサビている

〇問題なし

haikin

長雨が続くと、雨で鉄筋がさびてしまうことがあります。

でも基本的には気にしなくて大丈夫!

むしろ表面がサビたぐらいなら表面がガサガサになり、コンクリートとの相性がよくなるので好ましいことですらあります。

ただし、基礎と建物をつなぐ「アンカーボルト」がサビている場合は要注意。さび防止の加工がされていますが、長時間雨にさらされた場合、メッキがはがれてさびてしまうことも。その後、空気中の水分でもさびたりするので、耐久性が低下してしまう恐れもあります。状態によっては交換したほうがよいでしょう。

基礎のコンクリートの中に水たまりが!

pool

〇問題なし

実はコンクリートは完成後、急激な乾燥によるひび割れを防ぐためにむしろ水があるほうがいいぐらいなのです。マンションの工事現場では湿潤養生といって、コンクリートに水をまいているほど。雨の後、基礎の中がプールのようになっているのを見て驚かれる方も多いですが、それほど心配する必要はありません。

床の合板が水を吸って変色

gouban

△状態による

茶色に変色しているだけなら問題なし。

ただし、乾燥した後も凸凹している、水を吸って異常にふくらんでいる、波打っている場合は問題があります。

合板の上にフローリングを敷くので、合板は真っ直ぐであることが大前提。凹凸のある合板は床鳴りの原因になってしまいます。

また、膨らみ過ぎたり、腐食の場合には本来の性能が得られないため、交換が必要な場合もあります。

実は合板のこうしたトラブル、今年は特に多いです。理由は2つ。

1つ目の理由は、やはり長雨。一度濡れても乾いてしまえば問題ないのですが、乾ききらないうちに雨が降り、濡れた状態で放置されてしまうと凸凹が出てきやすいです。

そして2つめの理由が、職人さん不足。雨が降ってもブルーシートできちんと養生してあれば上記のようなことは起きませんが、職人さんが不足しているために養生まで手が回らない現場も多いのです。

断熱材、木材が乾燥していない状態で内装下地を貼る

dannetsuzaikabi

×問題あり

腐食が起きたり、カビが発生してしまいます。

これが原因で新築にも関わらず、壁の中や断熱材がカビてしまっていた、というケースには時々遭遇します。

引き渡しの日に間に合わせるため、きちんと乾燥状態を確認しないまま次の工程に移ってしまう現場も残念ながら多いです。

さくら事務所の新築工事チェックでは、木材の水分量を計る含水率計で木材がきちんと乾いているかをチェックをします。

竣工時に基礎の下がかびている、水がたまっている

yukashita

×問題あり

コンクリートが水に濡れるのは問題ない、と言いましたが、それはあくまで基礎が外気にさらされている状態の話。

きちんと乾かさない、排水しないまま断熱材や木材で蓋をしてしまうと、カビや腐食などの原因となります。

特に雨が多かった時期に工事を行っている12月に完成予定の物件は要注意です。

いかがでしたか?

ただでさえ慌ただしい自宅の新築工事中に不要な心配はしたくないもの。

ただし、問題がある場合は完成してしまってからでは修理が難しいケースも多いので、今建築中という方やこれから新築を予定していらっしゃる方は参考にしてみてください。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 新築工事チェック(建築途中検査・施主検査立会い)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。