断熱材の施工チェック、ポイントは「一筆書き」できるかどうか

  • Update: 2018-10-14
断熱材の施工チェック、ポイントは「一筆書き」できるかどうか

年々関心の高まる、住宅の省エネ問題。

断熱性の高い住まいは、室内の温熱環境を快適に保てるのはもちろんのこと、電気代などのランニングコストが抑えられることも魅力でしょう。

また、2020年には住宅の省エネ義務化もスタートします。

とはいえ、ルールこそ厳しくなりますが、せっかくの計画も現場で図面通りに施工されていなければ、断熱材も本来の効力を発揮しません。

そこで今回は、さくら事務所の新築工事中ホームインスペクション(第三者検査)の事例から「断熱材の施工」のチェックポイントを、断熱材の種類ごとにご紹介します。

新築工事中ホームインスペクション(第三者検査)サービス

断熱材の種別にみる施工チェックポイント

断熱の基本は「家の断面を見たとき、断熱材を結んだ線が一筆書きできる」こと。

断熱材の種類や断熱材の位置に関わらず、全ての工法でいえることです。

20150919DSCF5609b

例えば、こんな風に隙間が空いていたら、ここから熱が出入りしてしまうため、本来の設計上の断熱性能は期待できません。

この基本さえおさえておけば、どの工法であってもチェックは簡単です。

充填断熱の場合

IMG_0353-min充填断熱とは、柱や枠材の内側に、グラスウールやロックウールなどの断熱材を入れていく方法。

断熱の方法として現在最も多く採用されている方法で、日本では、袋に入っているグラスウールを使うことがほとんどです。

壁面を充填断熱する場合には、柱や枠材の間にすき間なく断熱材が取り付けられているかを確認してください。

軸組工法で建物の外周部に筋かいがある部分は、断熱材を取り付けるのが難しくなります。

筋かいは断熱材の入らないところに設置して、外周部は面材で強度を確保するという設計上の配慮があると良いでしょう。

断熱材は、すき間がある場合だけでなく、無理に押し込められていても本来の性能は発揮できません。適切に断熱材を切りそろえる必要があります。

日本でよく使われる袋入りグラスウールやロックウールには、「耳」と呼ばれる部分があります。この、「耳」を柱や間柱の上で重ね、表面の防湿シートを連続させることが重要。「耳」を柱や間柱の上で重ねていないと、防湿シートが連続せず、壁の中で結露が発生する原因になるのです。

断熱材は、ホチキスの大きなもので留めつけていきます。断熱材が垂れ下がらずに、しっかり留まっているかどうか確認しましょう。

天井断熱のチェック内容は、壁面とほぼ同じ。天井断熱では壁面と違い、部材に留めつけておくのではなく、単純に上から置かれているだけです。

作業をおこないにくい場所であるため、雑になりやすい部分です。断熱材がすき間なくきちんと敷かれているかどうか確認しておきましょう。

床の断熱も他の部分と同様、すき間がないかどうか確認を。床の断熱ですき間ができやすいのは、部屋をわける壁や配管が貫通している部分。

こういった場所にすき間があると、寒い時期には冷たい空気が入ってきて床が冷えてしまいます。

外張り断熱の場合

外張り断熱外張り断熱は、柱や枠材の外側に、板状の断熱材を張っていく方法。施工が簡単で、設計時の想定に近い断熱性能を出すことができます。

施工のチェック方法も充填断熱よりも簡単です。外から見てすき間がなければ大丈夫

すき間が大きければ、余った断熱材を適切な大きさに切って取り付けてもらいましょう。すき間が小さい場合には、現場で発泡断熱材を使ってすき間を埋めてもらうと良いでしょう。

屋根断熱も同様に、すき間がないことを確認してください。天井断熱と比べて作業が簡単なので、大きなすき間ができることは少ないでしょう。


完成後に発見できない重大欠陥に「工事中の第三者チェック」を!

いかがでしたでしょうか?

断熱材に限らず、現場で正しい施工ができていなければ、どんな理想の設計をしていても、本来の住宅の性能は発揮されません。図面ができたら、あとは大工さんにお任せするのではなく、できるだけ現場に足を運ぶなど主体的に家づくりに関わっていくことをお勧めします。

工事中、気になるところや不安があれば、建物のプロ、ホームインスペクター(住宅診断士)にご相談ください。

新築工事の段階ですでに「約80%」の施工ミスを発見!

工程別の不具合発生率データ

20192020年にかけて大手ハウスメーカーや地元の工務店まで幅広く工事中の施工ミスを集計・分析した結果、おおよそ8割近く発生していることがわかりました。

新築工事中ホームインスペクション(第三者検査)サービスは、本来施工ミスを防ぐ最も良いタイミングである工事中に、完成後には発見できない基礎・構造など建物の重要箇所について、建物に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が複数回の検査をし、引き渡し時の完成検査(内覧会同行チェック)も併せて行います。

施工ミスの原因は、現場監督が「法律や規定を知らなかった」「うっかり間違えた」など、初歩的なことが多いです。しかし、工事中の施工不良は住宅完成後に立ち戻り検査をすることができなく、時限爆弾式に10年以上たってから大きな不具合が発生するなどのケースも多々あり、欠陥住宅を未然に防ぎたいお客様には、当サービスを強くおすすめしております。

※工事途中からのご利用も問題ありませんので、お急ぎの方はまずは一度お問合わせください。

さくら事務所は業界No.1!経験年数20年以上のプロ集団が提供

ホームインスペクションとは?

さくら事務所は、国内におけるホームインスペクション普及のパイオニア的存在であり、これまでご依頼実績は業界No.1(累計66,000件超)、満足度98%(Google口コミ☆4.8と非常に有り難い評価をいただいております。

非常に重要な観点である「第三者性・中立性」を保持しながら、建築・不動産・防災・マンション管理など、あらゆる難関資格を持つメンバーが連携、サービスご利用後にもあらゆる住まいのご相談に対応するための「永年アフターフォローサービス」もご用意。これから暮らす住まいの安心に加え、心強い建築士と末永いお付き合いをいただける内容となっております。

ご依頼から概ね3日~1週間以内での調査実施が可能です。お急ぎの方は、まずはお問合せください!