ビー玉が転がっても慌てない!? 家の傾きを正しく知る方法

「床にビー玉を置いたら転がるんです!」というシーン、テレビなどでよく見かけますね。実はどの家も、ビー玉を置くと多少転がる可能性があります。

ビー玉

人が作っているがゆえ、機械のように寸分の狂いもなく作るのは困難です。部分的に施工誤差があるのは珍しくなく、ビー玉の置き方によってはわずかな傾きでも転がってしまうことがあるのです。

ただ、ビー玉の転がり方が「何度も何度も、毎度そっと床に置いても、止まることなく同じ方向に転がっていく」のであれば、傾きは大きめです。床だけでなく、壁なども傾いていないか調べたほうがいいでしょう。

家が傾いていると・・・

そもそも、家が傾いているとなぜいけないのかご存知ですか?
一番の問題はやはり「耐震性」「耐久性」など、建物の構造への影響です。

あまりに傾きが大きければ柱や梁といった「構造部材」の接合部に変形が起き、本来なら耐えられるはずの地震に耐えられなくなる恐れもあります。また、傾きにより建物が歪み始めると外壁などにひび割れが多くなり、防水機能が低下して雨漏りが起きやすくなることもあります。

そして、次に問題なのが「居住者の健康」です。傾いた建物に継続して住んでいると、平衡感覚に悪影響をもたらし体調不良になることがあります。

****************************************************************************************

もうすぐマイホームに引越し! 新居の傾きは大丈夫? ご心配の方は引渡し前に、建物のプロによるホームインスペクション(住宅診断)を利用すると安心です。

ホームインスペクションって、一体どんなもの?

****************************************************************************************

傾きの正しい調べ方とは?

よく聞く「ビー玉」は、前述のように施工誤差と呼ばれるわずかな傾きでも転がることがあるので、正確な情報を得るには不向きです。

また、床だけではなく壁が傾いていることもあるため、ビー玉以外の道具を準備するのがお勧めです。

比較的手軽に購入できる道具は、「水平器」です。
水平器を床や壁にあてたとき、液体の中の気泡が黒い線と線の間にあれば、ほぼ水平・垂直だとわかります。

レーザー水平器

ただし、家の中に床や壁は多数あるので、ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)などでは「レーザー水準器」などと呼ばれる機材を使用して傾きを調べます。

家の傾き

傾いているからすぐに問題とは限らない

家が傾いていると、耐震性や耐久性、健康などに影響が出るかもしれないとご紹介しましたが、そこまで大きな影響は出ない傾きもあります。

「手作りゆえの施工誤差」は超えているものの、少し「下手」な施工で、部分的に床表面が傾いているケースです。この場合、家全体には特に影響はなく、歩行感がちょっと気になる程度の影響ということもあるのです。

ただ、その傾きが「施工の下手さ」によるものなのか、または、たとえば構造部材の接合部分に問題が潜んでいて発生しているのかは、建物の工法や家全体の状況を考慮して最終的に診断します。

家に傾いている場所があるかもしれないと思うと、誰でも不安なものです。
心配な方は、まずは傾いている場所があるかどうかを調べ、もし傾きが確認されたら、住宅の構造に詳しい専門家に相談してみましょう。

セルフチェックでは判断が難しい不具合・劣化についてホームインスペクター(住宅診断士)が診断!

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)がしっかりチェック!

首都圏 自宅マンション点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

首都圏 自宅一戸建て点検インスペクション(住宅診断)はこちら

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事

住まいのお役立ち情報 メルマガ登録はこちら

さくら事務所広報室から住まいのお役立ち情報のメールマガジンを登録者さまに配信しております。